« 凄い雨 | トップページ | 第4節 川崎戦(3/31@埼スタ) »

2012年3月31日 (土)

速報川崎戦

公式戦3連勝の勢いを維持したいところですが、強風と雨の最悪の天候でいつかの鹿島戦を思い出す、凄い天気です。
スタメンは
FWーポポ
Mfー柏木、矢島、梅崎、平川、啓大、阿部
DFー槙野、永田、坪井
GKー加藤
サブは山岸、濱田、暢久、宇賀神、小島、マルシオ、原口。腰痛のランコの代わりポポがスタメン。原口、マルシオがベンチへ。攻撃陣の故障は気になるところ。主審は家本。
前半、ピッチの悪コンディションを感じさせない双方の出来でした。攻守の切り替えが早く、互いに見せ場の多い試合となりました。序盤にペースを握ったのは浦和でした。素早いボールの繋ぎで、ボールと人の動きにも連動性がありました。サイドで1対1を作っていました。梅崎が左サイドを突破し、ドンピシャのクロスでポポがヘッドを決めて浦和が先制。その後も、右サイドに流れた平川から矢島、柏木の飛び出しに反応した矢島と矢島に2度のビッグチャンスありました。
その後は川崎がボールを支配する展開となるが浦和のDF陣は集中した守りで得点を許さず。
後半、前半の悪い流れは払拭されず。川崎は矢島を入れてきて、長身の2トップは脅威。浦和はパスミス多くなり、柏木が消えまくりとなってしまい、また強風のためか逆サイドへのロングパスも通らなくなってしまう。
小松→矢島とパスがつながり必然の失点。その後も悪い流れは止まらず、パスミスから阿部の2枚目のイエローで一人退場、槙野が軽率なプレーで2枚目のイエローをもらい2人退場する大ピンチに。しかし、ここでスタジアムが一つになる。相手ボールになるたびのブーイング、ウィアーレッズ・コール、POUで選手を後押し。浦和としてはどんな不格好になりながら勝ち点をもぎとろうという気持ちはひしひしと伝わる。5分という長いロスタイムをなんとか切り抜け貴重な勝ち点1を拾う。

|

« 凄い雨 | トップページ | 第4節 川崎戦(3/31@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報川崎戦:

« 凄い雨 | トップページ | 第4節 川崎戦(3/31@埼スタ) »