« いよいよホーム開幕戦 | トップページ | 第2節 柏戦(3/17@埼スタ) »

2012年3月17日 (土)

速報柏戦

2012のシーズンホーム開幕戦、砂を噛んだような昨年シーズンの二の舞は勘弁してもらいたいものです。開幕戦では問題山積みなことが露呈されました。攻めに関すれば去年からの上積みは感じられず。阿部がリベロに入り守備は安定したように思えるが・・・
スタメンは
FWーランコ
OMFー原口、柏木、梅崎、平川
ボランチー阿部、啓大
DFー坪井、永田、槙野
GKー加藤
サブは、山岸、濱田、宇賀神、直輝、小島、ポポ、達也。ランコがスタメン、阿部がボランチ、リベロ永田。坪井と濱田入れ替わり交代。前の3人が機能するかがポイント。主審、東城。
前半、柏の厄介なのはレアンドロ、酒井の右サイドからの攻撃で、それに対して浦和の左サイドは炎上かと思われたが、阿部がDFラインに入り込み終始レランドロをマーク、啓大のワンボランチぽい感じにするがこれが結果的に功を奏す。レアンドロを阿部と二人ではさみこむ鋼になり、レアンドロをバイタルで自由に動くことを封じることに成功。柏の攻撃は勢いを失う。
浦和は啓大が積極的にボールを前に運ぶ。啓大はノーマークで前を向くこと多く、啓大のところからチャンスが生まれる。左サイドをかけ上がった槙野のシュートは惜しくも外れる。啓太→柏木のスルーはワグネルに渡ったように思えたが、ランコが諦めずに追い奪いとりシュートを決めて浦和が先制。
後半、柏が主導権を握るが浦和のDF陣の集中力は途切れない。後半も前からのプレスと、パスのつなぎで踏ん張る。啓大の頑張りが目についた。プレッシャーが少ないのか、前を向いた積極的なプレーが目についた。パスもいいのが届いていた。オシムの代表の時ような「水の運び人」の役を完璧にこなしていた。
最後は約束通り、選手&サポ一体となって「ウィアー・ダイヤモンド」で終る

|

« いよいよホーム開幕戦 | トップページ | 第2節 柏戦(3/17@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報柏戦:

« いよいよホーム開幕戦 | トップページ | 第2節 柏戦(3/17@埼スタ) »