« 戦略の考え方 | トップページ | 日本勢苦戦 »

2012年3月 7日 (水)

ACL開幕

ACLの予選リーグがJリーグに先立って開幕した、日本勢はG大阪と瓦斯が登場したが結果は明暗を分けた。
浦項と対戦したG大阪は、全くのチグハグ状態、いい所なく0−3での完敗。G大阪の良さが消えてしまった感じで、西野退任の影響が露呈し、セホーンとロペスの二頭政治はなりたたない、上手くいくわけはないという印象を受けました。G大阪については、確立されたサッカーがあるわけですから何も変更する必要はないのでは?浦和が指向したものとは真逆で、クリエイティブなサッカーから何も勝負強いサッカーへ、内容あるサッカーから結果追求のサッカーへ。よそ様の話なので、あれこれとは申しませんがどうなんでしょうか。
かたや、瓦斯はアウェイでオーストラリア勢に2−0での快勝。J2優勝チームは昇格後に躍進するというジンクスは今年もけいぞくしそうな気配です。
今日は名古屋、柏が登場、どんな戦いをするか興味のあるところです。ACLのテレビ中継ですが、すくなくとも日本でのホームの試合はBS朝日が生中継、アウェイ戦は録画中継していたと思うのですが、今日のG大阪戦は深夜の録画中継、ACLのコンテンツとしての価値が下がってしまう事は残念です。

|

« 戦略の考え方 | トップページ | 日本勢苦戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL開幕:

« 戦略の考え方 | トップページ | 日本勢苦戦 »