« 札幌戦展望 | トップページ | 第3節 札幌戦(3/24@札幌ドーム) »

2012年3月24日 (土)

速報札幌戦

内容は?の出来ですが、結果は1-0での2連勝、これは開幕戦の閉塞感からすれば望外の出来です。3連敗してもおかしくない、紙一重の結果だと思います。それ故、札幌戦にきちっりと勝ちきることは今後の浦和を考えれば非常に重要な意味も持つ一戦です。
スタメンは
FWーランコ
MFー柏木、矢島、平川、梅崎、阿部、啓大
DFー槙野、永田、坪井
GKー加藤
サブは、山岸、暢久、濱田、宇賀神、小島、マルシオ、ポポ。スタメンは矢島以外は柏戦と同じに戻る。原口に代わって入った矢島に期待。怪我明けのマルシオがサブに入る。主審は村上。
前半、立ち上がりいきなりの槙野のビックチャンス。浦和は阿部がリベロの位置に入り組み立てて行く。しかし、今日はアンカーの啓太の出来がいまいちで、前にボールが繋がらないだけでなく、自らのミスでボールを取られることもしばしあり、結局はファールで止めてイエローを取られる場面も。結局、サイドの平川、梅崎に良いボールが入らない。永田、坪井のうっかりミスでヒヤヒヤな場面もあり。
札幌の攻め持つ、組織的な攻めはなく攻撃の連動性は無く怖さはない、と思ったとたんCKからのノサインプレー&山本も個人プレーでシュートを決められる。浦和の詰めが甘いと言えば甘い。その後は両チームミスが多くなる。しかし、浦和はロスタイムに大きなボール展開からの流れから平川→柏木が決めて同点で前半終了。
後半、いつでも点が取れるぞという流れで始まる。柏木にボールが集まり、サイドにボールが散るようになる。カウンターも効果的にボールが繋がるようになる。
矢島→ポポで、ポポがゴール前でもらったFKを柏木がものの見事にきめて浦和が勝ち越し。リードされた札幌は前に出て来ざるを得なくなり、浦和はカウンターからチャンスを作るが決められず。交代で入ったポポが負傷退場、また嫌な流れは続く。柏木→マルシオで今シーズン初の登場したが、出来はまだまだという印象,あれほど厚いと思われた浦和の攻撃陣も人材が乏しくなってきた。
なにわともあれ、今日も苦しい試合でしたが、今シーズンの逆転勝利、DF陣の集中のたまものと言いましょうか、代わったマルシオが与えたFKから札幌のロスタイムのシュートが加藤の正面に飛んだラッキーと言いましょうか、これで公式戦3連勝、勝負強い浦和が戻って来た印象です。何よりの4年ぶりの札幌遠征でした。

|

« 札幌戦展望 | トップページ | 第3節 札幌戦(3/24@札幌ドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報札幌戦:

« 札幌戦展望 | トップページ | 第3節 札幌戦(3/24@札幌ドーム) »