« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

速報川崎戦

公式戦3連勝の勢いを維持したいところですが、強風と雨の最悪の天候でいつかの鹿島戦を思い出す、凄い天気です。
スタメンは
FWーポポ
Mfー柏木、矢島、梅崎、平川、啓大、阿部
DFー槙野、永田、坪井
GKー加藤
サブは山岸、濱田、暢久、宇賀神、小島、マルシオ、原口。腰痛のランコの代わりポポがスタメン。原口、マルシオがベンチへ。攻撃陣の故障は気になるところ。主審は家本。
前半、ピッチの悪コンディションを感じさせない双方の出来でした。攻守の切り替えが早く、互いに見せ場の多い試合となりました。序盤にペースを握ったのは浦和でした。素早いボールの繋ぎで、ボールと人の動きにも連動性がありました。サイドで1対1を作っていました。梅崎が左サイドを突破し、ドンピシャのクロスでポポがヘッドを決めて浦和が先制。その後も、右サイドに流れた平川から矢島、柏木の飛び出しに反応した矢島と矢島に2度のビッグチャンスありました。
その後は川崎がボールを支配する展開となるが浦和のDF陣は集中した守りで得点を許さず。
後半、前半の悪い流れは払拭されず。川崎は矢島を入れてきて、長身の2トップは脅威。浦和はパスミス多くなり、柏木が消えまくりとなってしまい、また強風のためか逆サイドへのロングパスも通らなくなってしまう。
小松→矢島とパスがつながり必然の失点。その後も悪い流れは止まらず、パスミスから阿部の2枚目のイエローで一人退場、槙野が軽率なプレーで2枚目のイエローをもらい2人退場する大ピンチに。しかし、ここでスタジアムが一つになる。相手ボールになるたびのブーイング、ウィアーレッズ・コール、POUで選手を後押し。浦和としてはどんな不格好になりながら勝ち点をもぎとろうという気持ちはひしひしと伝わる。5分という長いロスタイムをなんとか切り抜け貴重な勝ち点1を拾う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凄い雨

いつかの鹿島戦を思い出す。バックはおそらく全滅?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

明日は川崎戦

明日はホーム埼スタでの川崎戦です。埼スタでの川崎戦は点の取り合いになり、面白い試合内容になることが傾向的に多いのです。ただ、天気はまた雨模様です。こればっかりは如何としがたい。
 札幌戦から1週間はあっという間に過ぎてしまいました。何とはなしに勝っている内容ですが、すっかとした勝利を是非ともお願いします。
 マルシオ復帰し、原口も、セルも、達也も復帰してきそうです。分厚い攻撃陣が復帰してきました。ただ、今日は期末で仕事は目いっぱいなのです。まあ、気楽に流すのも一つの方法かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

春よ!

春よ!ということで、あっという間に春らしくなって来てしまいました。桜の開花も、ボチボチということですね。埼スタ周辺、特に見沼代用水の桜並木は綺麗であります。31日の川崎戦ではまだ満開というわけには言って無いのでしょうね。次節はアウェイ鹿島戦ですから、その次の神戸戦では桜は散ってしまうでしょうね。今年は見沼代用水の桜を見る事は難しい?川崎戦の時までにどれっだけ咲いているかがポイントですね。
アウェイ鹿島戦は去年は参戦しませんでしたので、今年は参戦する方向で検討します。1000円高速はないですから、今年は農免道路→利根川水郷ラインでの参戦ですね。鹿島は今シーズンまだ勝ち星無し、どころか得点さえ無い。浦和から今季初勝利というパターンはありがちで、一番避けて欲しいパターンです。よって鹿島には今節は是非とも頑張って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

2012札幌に行ってきた②

 2日目は、朝からあいにくの雪、サッポロファクトリーとサッポロビール見学をしてから、札幌ドームに乗り込むということにしました。クラッビーホテルからサッポロファクトリーまでは地下通路で結ばれており、雪に濡れることもなく、暖かいままサッポロファクトリーへ

2012325015220123250156.

.

.

.

.

その足でサッポロビール園に行きました。

2012325016220123250174










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

2012札幌に行ってきた

今回は1泊2日での札幌旅行、観光は市内で限定されたため、美味いものツアー的な感じになってしまいました。

20123250108_220123250113.

.

.

.

.

JALツアーを利用しての旅行で3月23日に先乗りで札幌に行くことにしました。行きは、羽田7:30発、777でのフライトで9:00には千歳空港に到着、そのままエアポート号で札幌市内へ。まずは、JRタワーに朝一で入場、そのため利用者は私たち以外に2~3組でゆっくりと眺望を楽しみました。JRタワーの角に位置する便所、日本一眺めがよい立ちションスペース?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

第3節 札幌戦(3/24@札幌ドーム)

20123250175 内容的にはまだまだですが、柏木の活躍により今シーズン初の逆転勝ち、J2からの昇格組の札幌が相手でしたから、すかっと勝利してほしかったのですが、まずはもって勝ち点3を取れたことを素直に評価しなければならない試合でした。

20123250196スタメンは
-----ランコ-----
--矢島----柏木--
梅崎-阿部--啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブは、山岸、濱田、宇賀神、暢久、小島、ポポ、マルシオ。スタメンは原口→矢島に代わっただけで柏戦と同じ、マルシオがようやくメンバー入り。リーグ戦初登場の矢島がどう機能するかが見どころです。主審は村上。
 前半、立ち上がり浦和はいきなり槙野のビックチャンス、中でパス交換したボールにサイドから上がってきた槙野がシュートをするがゴールは決められず。札幌は前から積極的にプレスをかけてくるのではなく、ある程度DFラインを下げて、くさびのパスが入ってくるところを狙っているようでした。これに対して浦和は、柏戦同様阿部が最終ラインに入り、ビルドアップしてくるのですが、前へのパスに札幌DFがスペースを与えてくれずに、ボール配給に難儀をしている様子でした。この日は、柏戦良かった啓太がまたいつもの啓太に戻ってしまったようで、パスミス連発、自らのミスで前半の中盤でイエローをもらってしまう展開となってしまいました。
 よって、浦和の攻撃は平川、梅崎の両WBが高くはっているにも関わらず、効果的なパスがなかなか入らず、中→中のパスで結局寸つまり的なことになっていました。ただ、矢島効果的な動きで浦和のパス交換、攻撃に連動性を与えてくれる動きは出来ているようでした

 
 札幌も前田をもう少し効果的に使えば、内村とかからませれば良かったのですが、阿部が前田をしっかり捕まえて自由させっていませんでした。とはいうもののDFラインも不安定、坪井は札幌のプレスにミスをしたり、簡単に縦ポンでGKと1対1、加藤もかわされ粟屋のヒンチもあり浦和の出来はいまいちでした。
 そんな中、札幌はCKからのサインプレーで、バイタルにスペースを作りそこに上がってきた山本が見事なミドルを決められてしまいした。山本のシュートがよかったのは事実ですが、そのまえのトラップをミスっていたので、DFの詰めが少し遅かったですね。
 1点を先制されると、浦和はDFラインからのWBへのロングパスを供給するようになる。この日の札幌DFは浦和のWBに出されたボールに対する守備がいまいちで、梅崎、平川が1対1になることもしばしでした。この日の札幌相手には効果的でしたが、こういうロングボールを蹴って行くのはミシャが志向しているサッカーなのかなと思っていたところ、前半のロスタイムにDFラインの永田から平川へロングフィード。平川がゴールラインぎりぎりでクロスを上げると、札幌DFはニアにはいってくる選手に目奪われ、ファーの柏木はフリー。柏木は胸トラップで相手DFを交わして、狙い澄ましたシュートを決める。この1点が大きかったですね。
 後半、守備は安定してきており、WBへのロングパスが効果的に通るようになる。前半全然いいところが無かったランコにもボールが通りだし、いつでも得点出来る様相となってきました。しかし、ここで得点を奪えないのが浦和の悪癖なのですが、この日は違いました。矢島は足がつりポポに交代。ポポが得たFKを柏木がものの見事に決めました。阿部がボールをおいて蹴ろうとするフェイントに相手GKも引っかかり、一瞬反応遅れました。こんなプレーは最近の浦和ではしばらく見ていなかったプレーです。
 交代で入ったポポですが、本来なら先発なので相が、どうも周りとの呼吸がいまいち合わないく、単独でのプレーが多いような気がしました。しかし、ポポも故障で退場。厚いと思われた浦和の攻撃陣も負傷者続出で、これがここで生かされてきたのは皮肉なこと。終盤に柏木→マルシオで、マルシオはまだまだ本来の出来には遠いように感じました。
 リードを奪われたことで、札幌は前に出ざるを得なくなるわけですが、浦和もカウンターで試合を決める追加点を上げられれば良かったのですが、梅崎左サイドからきりこみ2度ほどおしいチャンスをつくったのは良かったのですが、追加点を奪うには至らず。逆に、試合終了直前に、マルシオが犯したFKの大島のヘッドが加藤の正面に飛んだのは本当にラッキーでした。
 これで浦和は公式戦3連勝、去年からは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

速報札幌戦

内容は?の出来ですが、結果は1-0での2連勝、これは開幕戦の閉塞感からすれば望外の出来です。3連敗してもおかしくない、紙一重の結果だと思います。それ故、札幌戦にきちっりと勝ちきることは今後の浦和を考えれば非常に重要な意味も持つ一戦です。
スタメンは
FWーランコ
MFー柏木、矢島、平川、梅崎、阿部、啓大
DFー槙野、永田、坪井
GKー加藤
サブは、山岸、暢久、濱田、宇賀神、小島、マルシオ、ポポ。スタメンは矢島以外は柏戦と同じに戻る。原口に代わって入った矢島に期待。怪我明けのマルシオがサブに入る。主審は村上。
前半、立ち上がりいきなりの槙野のビックチャンス。浦和は阿部がリベロの位置に入り組み立てて行く。しかし、今日はアンカーの啓太の出来がいまいちで、前にボールが繋がらないだけでなく、自らのミスでボールを取られることもしばしあり、結局はファールで止めてイエローを取られる場面も。結局、サイドの平川、梅崎に良いボールが入らない。永田、坪井のうっかりミスでヒヤヒヤな場面もあり。
札幌の攻め持つ、組織的な攻めはなく攻撃の連動性は無く怖さはない、と思ったとたんCKからのノサインプレー&山本も個人プレーでシュートを決められる。浦和の詰めが甘いと言えば甘い。その後は両チームミスが多くなる。しかし、浦和はロスタイムに大きなボール展開からの流れから平川→柏木が決めて同点で前半終了。
後半、いつでも点が取れるぞという流れで始まる。柏木にボールが集まり、サイドにボールが散るようになる。カウンターも効果的にボールが繋がるようになる。
矢島→ポポで、ポポがゴール前でもらったFKを柏木がものの見事にきめて浦和が勝ち越し。リードされた札幌は前に出て来ざるを得なくなり、浦和はカウンターからチャンスを作るが決められず。交代で入ったポポが負傷退場、また嫌な流れは続く。柏木→マルシオで今シーズン初の登場したが、出来はまだまだという印象,あれほど厚いと思われた浦和の攻撃陣も人材が乏しくなってきた。
なにわともあれ、今日も苦しい試合でしたが、今シーズンの逆転勝利、DF陣の集中のたまものと言いましょうか、代わったマルシオが与えたFKから札幌のロスタイムのシュートが加藤の正面に飛んだラッキーと言いましょうか、これで公式戦3連勝、勝負強い浦和が戻って来た印象です。何よりの4年ぶりの札幌遠征でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

札幌戦展望

札幌戦展望したいところですが、昼飯の海鮮丼、更に晩御飯のジンギスカン、そして締めのこれでもか~の海鮮丼のダブル攻撃、そしてサッポロの生ビールは旨くて、調子乗り過ぎで飲み過ぎで、もはやヘロヘロです。札幌戦の展望をしたいのですが、今晩はすいません、その気力はありません。札幌遠征はとかく旨い物ツアーになってしまう。
前日に札幌入りでしたが、うぃあーには全く遇わず。これもここ数年の傾向ということですね。札幌ドームの入りもそうたいした事は無い?一時の赤いイナゴが食い尽くす的なことは無いのでしょうね。4年前は、生キャメルとジャガポックルのゲットに必死になったが今回はそういうことも無い。すすきのに遊びに行く、そんな元気もなく、札幌の一夜は静かに経過するのみということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌に向け出発

4年ぶりの札幌遠征です。今回はJALのパワーアップ・プランで参戦予定です。羽田発7:30の朝二番の飛行機に乗ります。ということは上尾は当然ながら始発の高崎線です。始発は何気に混んでいるのですよね。
今回は息子の卒業旅行を兼ねての旅になります。一泊2日の強行軍になりますので、観光は市内が中心となります。よって、旭山動物園とか、小樽とかえは行けません。ちまちまと市内観光をするつもりです。札幌市内到着は、11:00を予定しています。まずは二条市場に行ってイクラ丼?はたまた駅ビルのラーメン王国で味噌ラーメンか、食い物が今回の楽しみです。夕飯はビアケラーでジンギスカンを予約済です。
前回は11月にもかかわらず雪に見舞われ、札幌ドームの待機ではえらい寒い思いをしました。土曜日の天気予報は雪ですので、万全の体制で寒い思いはしないしました。逆に暑いかな?おそらく4年前に比べると並びは多く無いと予想しましたけど札幌ドームにはギリギリで入る予定です。それでは参戦される皆様が明日札幌ドームでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

札幌遠征

08シーズン以来、4年ぶりの遠征が明日に迫りました。前回は2泊3日の日程でしたが今回は1泊ですので、ゆっくり観光を楽しむ余裕はありません。せいぜい市内観光と旨い物グルメを行う、メインは浦和の試合参戦ということで割り切って行きたいと思います。期末ギリギリの案件、昨日クライアントから1ヶ月のさきのばしを示唆された為幸いにも、心配事なく、札幌遠征には行けそうです。
明日の今頃は飛行機のなかです。11時のはs札幌市内に到着の予定です。さて昼飯は何にしようか?それでは札幌ドームでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

ナビ①仙台戦(3/20@ 埼スタ)

今後の連戦を考慮してのターンオーバー制とも思える、大胆な選手起用の変更、機能したとは言い難いが結果は残してくれました。正しく岡本と直輝が負傷退場、非常に後味の悪い試合になってしまいました。
スタメンは
FWーポポ
OMFー柏木、直輝、宇賀神、岡本
ボランチー小島、暢久
DFー濱田、永田、スピラ
GKー山岸
サブに大谷、高橋、槙野、野田、野崎、矢島、梅崎。柏戦から柏木。永田以外は代えてくるという大胆な選手起用でした。レギュラー組とサブ組の力量を図るには良い機会でした。主審は岡部氏ね。
前半、仙台も赤嶺をはずして余計に守備からという印象を受けました。立ち上がりはお互いにパス回しをして、様子見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

速報ナビ仙台戦

久しぶりにホームでの快勝、この良い流れを継続出来るかが今日のポイント。連戦を考慮してのターンオーバーもあるようだ。
スタメンは
FWーポポ
MFー直輝、柏木、宇賀神、岡本、小島、暢久
DFースピラ、永田、濱田
GKー山岸
サブは大谷、槙野、野田、野崎、高橋、矢島、。今後の連戦を考えてかミシャは大幅にメンバーを入れ替え。阿部、啓大はサブにさえ入っていない。守りの固い仙台に対して、このメンバーでどう攻めて行くかがポイント。主審は岡部。
前半、総とっかえのメンバーですが立ち上がりは比較的冷静にいけたと思われます。ポポの張り切り具合が目立ちました。前節、結果を出したランコに刺激されたからでしょう。
しかし、前半の半分で岡本、直輝と連続で負傷交代。主審が流しすぎなのは分かるが、うまく試合をコントロールしないと いけない。守りの固い仙台に対して、宇賀神のシュートがめだったくらい。一方、守りでは、クロスバーを叩いた関口のシュート、なねかえりが山岸と1対1となった場面、永田の凡ミスからの場面と、負傷交代から浦和の 勢いはフェードアウト。
後半、浦和の攻撃が息を吹き返す。交代で入った矢島も積極的にシュートを狙う。CKから永田がヘッドを決めて浦和が先制。
互いに足が止まり、浦和が優勢に思われたがスピラが2枚目のイエローカードで退場。ミシャはここで迷いなく、ポポ→d
槙野で最後のカードを切る。守りきれという分かりやい合図で、その後の時間帯をしっかり守りきる。入れ替えたメンバーで勝てたのは大きい。しっかりとボールを繋いで行こうというミシャのいともピッチで展開された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

今年の埼スタ

 今年の埼スタの様子といいますか、今年からシーチケの位置が変わりました。SBアウェーからSBホームに席種を変更してもらいました。おそらく今年からシーチケ保有者は激減するだろうというクラブの危機感もあり、シーチケの変更を認めてくれたので、SBホームの良席にしなとシーチケは止めるみたいなメッセージを入れ、シーチケの継続をしました。
 変更になったらラッキーくらいでしたが、希望通りの席になりました。SBの最内でSAの隣のブロックのしかも前から3列目が割り当てられました。文句を言ってみるものです。とかく、このクラブは黙っているサポには全然何もしない、文句をいう勢力に対応するのに力がかかてしまうということなのでしょうね。主張をしないとダメということがわかりました、と同時にこのクラブの体質をこういう風にしているのも、何となくわかりましたから、今回の自分の行動もちと反省。

2012318009920123180053

.

.

.

こんな感じの見え具合で、しばらくはこのままでいきたいと思います。また、やはり席種からサッカーを分かっていると自負している方が多いのでしょうね。2~3列後ろのヤジラーにはちょっと引けました。ただ、内容がネガティブでないのとは良しとしておこう。.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

第2節 柏戦(3/17@埼スタ)

20123180069 2012シーズン、ホーム開幕戦。前節では結果は1-0の敗戦でしたが、内容的には決定機は全くといっていいほど無くスコア以上の敗戦で、特に攻撃陣に関していえば去年と同様フィニッシャーがいない課題が浮き彫りになってしまいました。

20123180056スタメンは
-----ランコ-----
--原口----柏木--
梅崎-阿部--啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブは、山岸、濱田、宇賀神、直輝、小島、ポポ、達也。ランコがスタメン、阿部がボランチ、リベロ永田。坪井と濱田入れ替わり交代。前節から3人のスタメン交代で5のポジション・チェンジをしなければならい。ミシャの苦労は分かりますが、前の3人が機能するかと柏のストロングポイントであるレアンドロ・酒井の右サイド攻撃を抑えることが出来るかががポイント。ミシャの意図もその辺にあるかと思いました。主審、東城。

 前半、柏のストロング・ポントをいかに消すかがポイントですが、阿部はボランチのポジションというか。レアンドロの、マーク役で形としては4バックで啓太のアンカーというような感じになっていたと思います。しかし、この戦術が結果的のは良かった。阿部を中心にレアンドロには2人で挟み込むこような守備となり、レアンドロはバイタルエリアで自由にプレーをさせないとこに成功、レアンドロが自由に動けないとそれに連動する酒井の上がりも怖くない。また逆に、こっちサイドは原口、梅崎、槙野で有効な攻撃をして、浦和が優位に立つ。
 阿部は4バックの位置からビルドアップにも関わる。そこで、アンカーとなった啓太が、柏のマークが弱かったのか、啓太の動きが良くマークにこない位置でボールを受け、前を向いてプレーする機会が目につく。前を向くと積極的に前の選手に、あるいはフリーとなっているワイドの平川、梅崎に的確にパスを通して、また前にスペースがあると積極的にドリブルを仕掛け、オシム代表時代のまさに「水を運ぶ人」的な動きを確実にこなしていたように思います。啓太にナイスパスなんて声援おくのは全くいつ以来?そんな感じの非常に良いペレー振りでした。
 そんなところから、前に上がった槙野にボールがわたり、原口にコンビで左サイドえお切り裂き槙野のシュートは完全に決まったかに思えましたが、シュートが当たりそこないとなり先制のチャンスを逸する。流れ的には浦和ですが、こういうところで得点を上げられないと後々に影響が出てくるものなのですが、啓太から柏木にパスが出ると柏木はスルー、そのボールは相手のワグネルがキープしたかに思えましたが、ランコが諦めずにボールをおい、軽率なボール扱いをしたワグネルよりボールうを奪取して、見事にシュートを決める。
 ランコは決して攻めのフィニッシャーとしての出来はいまいちかと思いますが、守備を決してさぼらない。こういう姿勢がこの得点に結び付いたかと思います。
 OMFい入った柏木は前への動きは良く、やはり柏木はボランチより前目で起用するホyが良いのなかなと思います。また原口も守備を一生懸命やるようになりましたね。また、むやみにドリブルに突っかける悪癖も随分と少なくなったように思いました。DFラインも4バックの形となり、柏のFWにスペースを与えていませんで、非常に安定していたように思います。
20123180076 浦和優位で前半は終わりましたが、後半から攻勢をかけてきました。ただ、2トップが見方との連動性がなく、ロボは移籍して間もないのか、強引なプレーが多く救われました。田中もビッグ・チャンスを作りましたがGK加藤にセーブされました。ただ、展開的には柏が優勢になり浦和が押し込まれ、浦和の運動量も落ち込んできました。
20123180077 ミシャが取った選手交代は、原口→直輝でしたが、今日の直輝もいまいちでどうも前に行きすぎなような気配で、チームとしての連動性は直輝が入ってから悪くなったかも。左のワイドの梅崎もスタミナに難があるのでしょうか、濱田との交代。本来のポジションではないとこでしたが、無難に役目をこなす。平川は後半になっても運動量は落ちずに、ワイドでフリーになって1対1を積極的に仕掛け、結構可能性のあるクロスをあげていたように思えます。今までたたかれることの多かった啓太、平川がよみがえった印象が残りました。
20123180097 5分にもわたるロス・タイムも格好なんて気にせず、必死に時間を経過していった。途中からわき起こったPOUもスタジアムの雰囲気を盛り上げましたね。最後はサポと一緒になっての、「We Are Diamonds」を歌う。こうしてみると選手との距離が縮まったような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

速報柏戦

2012のシーズンホーム開幕戦、砂を噛んだような昨年シーズンの二の舞は勘弁してもらいたいものです。開幕戦では問題山積みなことが露呈されました。攻めに関すれば去年からの上積みは感じられず。阿部がリベロに入り守備は安定したように思えるが・・・
スタメンは
FWーランコ
OMFー原口、柏木、梅崎、平川
ボランチー阿部、啓大
DFー坪井、永田、槙野
GKー加藤
サブは、山岸、濱田、宇賀神、直輝、小島、ポポ、達也。ランコがスタメン、阿部がボランチ、リベロ永田。坪井と濱田入れ替わり交代。前の3人が機能するかがポイント。主審、東城。
前半、柏の厄介なのはレアンドロ、酒井の右サイドからの攻撃で、それに対して浦和の左サイドは炎上かと思われたが、阿部がDFラインに入り込み終始レランドロをマーク、啓大のワンボランチぽい感じにするがこれが結果的に功を奏す。レアンドロを阿部と二人ではさみこむ鋼になり、レアンドロをバイタルで自由に動くことを封じることに成功。柏の攻撃は勢いを失う。
浦和は啓大が積極的にボールを前に運ぶ。啓大はノーマークで前を向くこと多く、啓大のところからチャンスが生まれる。左サイドをかけ上がった槙野のシュートは惜しくも外れる。啓太→柏木のスルーはワグネルに渡ったように思えたが、ランコが諦めずに追い奪いとりシュートを決めて浦和が先制。
後半、柏が主導権を握るが浦和のDF陣の集中力は途切れない。後半も前からのプレスと、パスのつなぎで踏ん張る。啓大の頑張りが目についた。プレッシャーが少ないのか、前を向いた積極的なプレーが目についた。パスもいいのが届いていた。オシムの代表の時ような「水の運び人」の役を完璧にこなしていた。
最後は約束通り、選手&サポ一体となって「ウィアー・ダイヤモンド」で終る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

いよいよホーム開幕戦

ホーム開幕戦が明日に迫って来ました。対戦相手は前年のJリーグ負うじゃの柏で予選相手にとって不足は無いという感じです。対戦するの柏も、瓦斯とのゼロックス杯には勝ったが、ACLLではタイのプリムラにアウェイでまさかの敗戦、開幕戦でも横浜にうちあいの末引き分けと調子はいまいちしっくりいってない。どうも攻守のバランスが取れていない。レアンドロ、ワグネルが前がかりになってしまい、逆襲を食らってしまう印象ですけど浦和にも、守備をかっちりとしておけば、十分勝機はあるかと思います。
前節の広島戦では攻めについては、フィニッシュ不足は感じましたが、槙野、阿部、濱田の3バックは大いに可能性を感じさせてくれました。後ろからのビルドアップ、セットプレーでの濱田の高さには期待大です。
 さて明日は天気予報ではない雨の予報が出ています。雨だと開幕戦恒例のビジュアルは中止されてしまうのですかね?ビジュアルの写真をブログのテンプレートのアップを楽しみにいる者としては、少し残念です。また、明日からは新しいシーチケシートデビュ-です。SBホームの最内のブロックになります。ギャラクシーのスマホを親子で持ち、娘にぎゃあぎゃあ言われている親子連れがいたら私ですので、宜しくお願いします。何はともあれ明日は埼スタでお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

五輪代表バーレーン戦

終わってみれば快勝という結果でしたね。慎重論な試合運びで前半を終えると、後半から一気にチェンジしました。
一点目は原口が左サイドをかけあがり、マイナスクロスにボランチの位置から上がって来た扇原がゴール。前4人の圧力にバーレーンDF?ラインを下げざるを榎井帰りますこの攻めは有効でした。二点目も同じような感じで、左サイドから東が抜け出すと、バーレーンDFは大津に引き寄せられました逆サイドからかけあがりの清武は全くのフリーできる豪快にゴールに蹴り込んだ。
慣れない大津のワントップには不安がありましたが、前4人、大津、清武、原口、東の連動は見事でしたね。原口も無理矢理ドリブル突破を図るのではなく、周りをよく見てのプレーという印象が残った。東はいい選手だ。C大阪のボランチ2人もそうだ。終わって見れば楽々の予選突破だが、はらはらするt戦いも見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

五輪予選最終戦

ロンドン五輪予選の最終戦バーレーン戦が今日行われます。一時はシリアに敗れ厳しい状態に陥ったが、シリアがバーレーンに敗れたため、日本酒は今日の最終戦に 引き分け以上で予選突破となった。
バーレーンはもともと実力もありましたラフなプレーも仕掛けて来るので、決して気の抜けない相手です。ただ?最終戦をホームで迎える事ができるアドバンテージは大きいと思います。また、今回から清武画面復帰し大津も海外から召集されるというのも大きいと思います。浦和からは直輝と濱田と原口
が召集されました。濱田はレギュラーですが、直輝は代表とリーグ戦を見てもせっかく抜擢されながらが、結果を出せていないけど頑張って欲しい。原口原口はプレーぶりが安定して来ているように思います。   
まあ今日より土曜日頑張ってもらいたいところです。怪我だけは決してしないようにお願いします。               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

スマホデビュー

スマホを購入して、昨日は初出勤でしたが参りました。スマホにかかってきた電話に出れない、完璧なネタと思っていましたが、慌ててしまい画面をいくらスライドさせても電話に出れない。人に見られていたため超恥ずかしいかった。これは!オッサンが陥りやすい罠ですね。
後、電話の伝言メモが無い事です。顧客面談中とかだと、出るまで呼び出しされるとマナーモードにしておいても顧客にきずかれ「携帯に出て下さい」と言われてしまう。留守電サービスあるがドコモは有料らしいし、アプリもしlっくりすのが無い。
文字入力もいまいちしっくり来ない。通常の携帯の入力方法では違和感があり、ローマ字入力しているが、これも隣のキーを押してしまいうまくいかない。入力速度は今までの半分だ。慣れるしかないが非常に不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

開幕初戦を終えて

開幕初戦は厳しい結果になってしまいました。ワントップに達也、二列目に直輝という布陣で望むが抜擢した二人が全く機能しない。
攻撃では人数をかけて、パスをつなぐという姿勢はみえたのですが、やはり熟成度からするとまだまだ投稿感じでした。しかし、阿部、槙野と並んだDF陣には可能性をガンガンましたが、全体的に見ればまだまだ、結局のところ、パスは回れどゴールが遠いのは去年と全く変わっていない、そういうところはどうなんでしょうか。 
おそらく、こんな闘いが当分の間、続くことは覚悟しておかねばならないでしょう。それまで当然のことながら結果はついて来ないと思いますのでわれもそ相当な覚悟が必要かと思います。また、一部の圧力団体に押されてクラブが迷走しなければという 不安にも襲われます。クラブは監督を擁護して欲しい、過去の歴史だけはくりかえさないでほしい。今後の対戦相手を見ても
結構厳しい相手が続く。 こんな弱気な考えも杞憂に終わってもらえればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

速報広島戦

ミシャ体制になっての開幕戦、期待と不安の入り混じるなかでの戦い、

<スタメン>
-----達也-----
--原口----直輝--
梅崎-柏木--啓太-平川
-槙野--阿部――濱田-
-----加藤-----
サブに山岸、宇賀神、永田、坪井、小島、ポポ、ランコ。予想を裏切る達也のワントップ、怪我あがりの直輝がいきなりのスタメン。主審は松尾。

 前半、押され気味ではあるが、ボールを盛んに動かしていこうとする意思は感じる。試合の進め方は同じようだが、広島の方が戦術的には一日の長がある。サイドの効果的に使いせめてくる。特に、浦和の左サイドはミキッチに蹂躙され炎上。決定的なクロスが何本か上がるるが、何とかしのいでいる。スタメン起用の達也、直輝も空回り気味。なんとか無失点で前半を終える。
 後半、やはり左サイドを崩され石原のシュートを加藤は何とかセーブするが、そこにいたのは佐藤で難なく広島先制。槙野、濱田も果敢に攻めに出るが効果的は攻撃にはつながらず。ランコ、ポポを投入するが局面を打開するには至らず。内容的にはチームとしての熟成度にはかなりの差を感じた。今年もストレスがたまりそうな1年になることを予感。しかし、白装束のサードユニには凄い違和感を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ開幕

 2012シーズンがいよいよ開幕します。広島までのアウエーには残念ながら参戦はかなわず、スカパー!での観戦ということになります。監督がミシャに代わって、ミシャの戦術がどれくらいチームに浸透したかが、ポイントになるかと思われます。

<予想スタメン>
-----ランコ----
--原口----柏木--
梅崎-暢久--啓太-平川
-槙野--阿部――濱田-
-----加藤-----

ポポを2列目に入れて、柏木をボランチに起用するフィーメンションも予想されているようです。試合開始は14:00からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

無線LAN購入

 購入して8年の無線LANの調子がおかしくなり、昨日ノジマで新しいものを買ってきました。たまたま店頭を覗くと、以前よりいいなあと思っていたUSB端子がついたバッファローの機種なのですが、期末セールで、何と4980円で売っていたので速攻買って来ました。簡易NASにもなるし、ネットワークプリンターにもなるので便利な一品のようです。
 さて、新しいLANを設定しようと、壊れたと思える機械を交換しようと取り外しそうとすると、何と配線が間違っていたのです。息子がDSでwifiが出来ないとか言っていたので、問い詰めると配線をいじくったとのこと。配線を正しいものに直すと、何のことはない正常に動きました。せっかく買った新しい機械はお蔵入りになりそうです。しかし、8年使ってもまだ壊れない、製品自体はちゃっちいものでしが、メイド・イン・ジャパンの偉大さを思い知りました。(良くみていないので、メイド・イン・チャイナでしたというオチは無いということで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

日本勢苦戦

ACLの初戦の残り試合が行われ、名古屋、柏の日本勢は勝利を得ることは出来なかった。
ホームでの名古屋はソンナムに、2−2の引き分け、ゲームを支配し決定機が多かったのはソンナムでしたから、内容からすると結果は妥当かと思います。しかし、ロスタイムのラストプレーで、しかもオーバーヘッドのクロスにオーバーヘッドのシュートで決められなのは悔いが残る。DFを入れ3バックにして、そこからかえって押し込まれしまったのも悔いが残るところです。
柏はアウェイでタイのプリラムと対戦、一番外地と思われた相手にまさかの敗戦。アジアの厳しさを実感した一戦でした。Jリーグチャンピオンがタイのチームに負けてしまうとは・・・。油断したわけではないと思いますが、前半にセットプレーとミドルで失点。後半同点に追いつくがまさかの勝ち越しゴールを奪われまさかの敗戦、アウェイの洗礼ですね。浦和もインドネシアのペルシクケデュリにアウェイで引き分けたことがありましたね、あれも負けてもおかしくない試合でした。アジアのアウェイ、何がおこるかよく分からない。
初戦を終えて日本勢は、1勝2敗1引き分け、日本勢の地盤沈下か、よそのレベルが上がっているのか、日本勢にとって厳しい戦いは続きそうです。

PS・今日から無線ルーターの調子が悪くネットに繋がりません。バッファローの製品を購入して10年、そろそろ壊れてもおかしくないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

ACL開幕

ACLの予選リーグがJリーグに先立って開幕した、日本勢はG大阪と瓦斯が登場したが結果は明暗を分けた。
浦項と対戦したG大阪は、全くのチグハグ状態、いい所なく0−3での完敗。G大阪の良さが消えてしまった感じで、西野退任の影響が露呈し、セホーンとロペスの二頭政治はなりたたない、上手くいくわけはないという印象を受けました。G大阪については、確立されたサッカーがあるわけですから何も変更する必要はないのでは?浦和が指向したものとは真逆で、クリエイティブなサッカーから何も勝負強いサッカーへ、内容あるサッカーから結果追求のサッカーへ。よそ様の話なので、あれこれとは申しませんがどうなんでしょうか。
かたや、瓦斯はアウェイでオーストラリア勢に2−0での快勝。J2優勝チームは昇格後に躍進するというジンクスは今年もけいぞくしそうな気配です。
今日は名古屋、柏が登場、どんな戦いをするか興味のあるところです。ACLのテレビ中継ですが、すくなくとも日本でのホームの試合はBS朝日が生中継、アウェイ戦は録画中継していたと思うのですが、今日のG大阪戦は深夜の録画中継、ACLのコンテンツとしての価値が下がってしまう事は残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

戦略の考え方

スマホへ買い換え検討中ですが、ネットをくぐるとMNP利用の裏技が出てくる。プリペイド携帯を使ったり、2イン1のBナンバーを利用したりと方法はあるようですね。ただし小心者の私には、ちと出来ない。
各携帯会社とも、新規の顧客獲得に躍起となっているようですが、もう少し既存の顧客を大事にしたほうが良いのではと思えてしかたない。逆にいうなら最初のインセンティブを与えるなから、その分通信料を値下げしてくれという話になってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

J2開幕

 J2はJ1より1週間早く開幕しました。スカパー!でザッピングというわけにはいかず。(とにかく休みはやることいっぱいで・・・)といいながら、ACミラン・チャンネルを家族に文句を言われながら見ているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

開幕1週間前

 開幕が1週間後に迫りました。今季のキャプテンも阿部に決定したようで、今日あたりは大原に行って仕上がり具合をみてみたいところですが、残念ながら今日の練習は非公開とのこと。そうは言っても先週は、非公開で大原で甲府とTMを行っていたので、今日もTMやっている?時間も分からないから、おとなしくしていましょう。更に明日はオフということで、開幕戦まで実戦はお預けとなってしましました。
 スカパー!もHD切り替えを検討していましたが、どうも腰が重くとりあえずSDの継続ということで、HD切り替えはBDレコーダーの購入の際に検討することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

スマホへ買い換え

 だんだん現実味を帯びて来ました。私と同じ年の支社長もスマホに買い換えました。支社長宛てに本部長から携帯に電話があり、電話に出ようと慌てて画面をいくら押しても電話に出れなかった。電話に出るには画面をスライドさせねばならないですよね。これは若手のM君のネタでした。だけど、アローズのクロッシーの最新端末を購入していました。
 私も、長男が高校入学で携帯を買ってやろうと思いますので、ガク割と月々サポートも増額しているようですので、ドコモの端末購入を計画しています。月々のランニングコストもガク割と月々サポート割で3000円くらいでの運用も可能のようです。ただしガク割プランだと、無料通話がついたプランに出来ないらしい。ここのところは思案のしどころですね。

 早速、大宮のビックカメラの行ってきました。携帯の販売店に行って感じることですが、販売プランが複雑になって、いくらで購入できるのか、また月々のランニングコストはどうなっているのかが分かりにくいことです。ドコモへMNPすると、月々サポートが大幅に増額になるのは分かっていました。店員さんに話を聞いてみました。一応、ギャクシーか、エクスペリアにしようかと思っていたのですが、やはりギャクシーの反応は早い、だがワンセグ、おさいふケータイ、赤外線なだいわゆるガラケー機能はついていないそうです。私も、必要ではないがあれば便利かなという感じです。エクペリアではアクロにすると、ガラケー機能がついてくようです。アクロですと、MNPの一括購入で26800円、月々サポが3450円とのことです。
 スマポは一括購入って出来ないと思っていたのですが、型落ちしてくるとその対象になるようです。アクロの最新機種が今月に発売されるようです。ギャクシーはネクサスなるものが一括販売0円ですが、月々サポがなおとのとこです。その他は一括販売は無いようです。MNPで一括販売の割引きいて、月々サポを受けれる機種をみてみると、アローズμが21800円、月々サポ3045円とのことです。後は、続きのランニングコストを検討してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

楽天スーパーセール?

3月4日に何かやるみたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »