« フェスタは欠席 | トップページ | スマホに機種変更 »

2012年2月 6日 (月)

五輪予選シリア戦

戦前予想されていた通り厳しい結果になってしまいました。欧州組を召集出来ずに、攻撃の核となる清武も怪我で離脱、国内組でたたかわねばならないということで苦しい戦いは予想されてました。開始からシリアのプレスに対してボールが回せない。特にボランチに入るボールに対して厳しく当たられ、なおかつ前線にロングボールを配給してくるため、中盤が間延びしてセカンドボールが奪えない。加えてスマを下がり目においたため、起点を作られ日本は大苦戦。
山崎が負傷で交代して入った大迫に、シリアのFKがあたり、權田が押さえきれずに失点。完全に悪い流れなかなと思ったところ、前半ロスタイムに永井のゴールで同点に追いつく。
後半立ち上がりに危ない場面もあったが權田のセーブ、シリアは飛ばし過ぎがたたり運動量が落ちてくると、日本がボールを保持する時間が長くかり、日本ペースとなる。しかし、この時間帯に大迫、永井が決定機を外したのが勝負のあやでした。シリアのスーパーロングシュートが、權田の頭上をぶち抜き、シリアが勝ち越し。内容的にもシリアの気迫に負けていました。
權田にとっても厳しい一戦でしたね。2本とも処理するのは難しいボールでしたが、正面にとんだボールでしたので、どちらかははじき出してほしかった。

|

« フェスタは欠席 | トップページ | スマホに機種変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪予選シリア戦:

« フェスタは欠席 | トップページ | スマホに機種変更 »