« お正月休みも終了 | トップページ | 誰も来ない浦和 »

2012年1月 4日 (水)

韓国勢が日本進出

 韓国のサムソン電子をはじめとした韓国勢が液晶TVで日本に攻勢をかけてくるということのようです。

薄型テレビで世界最大のシェアを持つ韓国のサムスン電子が、2007年に撤退した日本の薄型テレビ市場への再参入を検討していることが3日、同社関係者の話で分かった。3Dやインターネット接続機能を持つ高機能液晶テレビを市場開拓の主力商品に考えているもよう。シェア2位の韓国LG電子は10年に再参入しており、日本市場で韓国勢の攻勢が強まりそうだ。

 しかし、どうなんですかね。韓国製のイメージは「安かろう悪かろう」が強い。たとえば、外付けHDDでもサムソン製を使っているものは国産でも購入は遠慮していた。携帯ももともとドコモなのですが、スマホにできない大きな理由は、ギャラクシーはじめとした韓国製はいまいちという感じなのが一番の要因です。
 まして、高級液晶TVで韓国勢が攻勢かけてきたとしても、やはりメード・イン・ジャパンの商品を選びますね。でも、ブランド名は日本製でも部品は韓国製というのは結構多いのかもしれないが、高級家電の韓国製はいまいち買う気にはならない。また、ガラパゴスといわれている日本のマーケット特性はどうみているのでしょうかね。


 

|

« お正月休みも終了 | トップページ | 誰も来ない浦和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国勢が日本進出:

« お正月休みも終了 | トップページ | 誰も来ない浦和 »