2011年12月 4日 (日)

2011シーズンを終えて

Dscf3017

 私が浦和の試合を観戦するようになって最悪のシーズンが終わりました。個人的な理由もあり、今年の観戦試合は減ってしまい、埼スタの試合も見に行かない、積極的に見に行こうという気を起こさせてくれない、行けばいくほどにストレスが溜まってしまう、そんな試合の繰り返しでした。
 やはり、ACLも制し、ビッグクラブと言われるようになって勘違いしてしまった部分もあると思います。ここは現状を見据えて謙虚な気持ちで再スタートをすることが重要だと思います。Jに残留出来たチームの中で一番弱かった、このことは避けることのできない現実です。千葉が奇跡の残留を果たした翌年に降格して、2年連続してJ1に上がれず苦しんでいる。こういうことも他山の石としなければならないと思います。
 「ポゼッションを高めて、アクレッシブなサッカーを展開する。」コンセプトしては悪くないと思います。結果のみでなく、見ていてワクワクするような攻撃的なサッカーを指向するとすれば、こういうことになるのでしょうか。ただただ、今季浦和が展開したサッカーをたどれば、ワイドに開いて後ろに戻して、横パス。たてポンしてうやむやボール・ロスト。ドリブルひっかけ途中下車。カウンターくらって失点。こんなサッカーを2年以上見ている現実。これがポゼッションの意味なのでしょうか?
 次のステップを目指すのであれば、フロント・サポ含めても覚悟が必要と思います。フィンケの功罪が言われますが、結果はどうあれ目標を定めて監督を選任したのであれば、結果が出るまでは長い目でみる必要があったのではないでしょうか?プロだから結果が全てであることに間違いはないと思います。しかし、わずか2年で解任では・・・まともな監督は浦和の指揮を取ってはくれないでしょう。
 次期監督についていろいろと噂が上がっています。サポもフロントも覚悟が必要かと思います。浦和レッズは誰のもの?資本の論理からすれば三菱なのです。社長が三菱Gの天下りの指定席となるのはある程度やむを得ないことかと思います。であるなら、権限移譲できるようなGM設置ですが、これとて失敗しているから、GM職も兼任できるような監督が必要となってくるのでしょうか。社長を個人的につるし上げしても、そこからは何も前向きなことは生じにくいと思います。
 また、サポと立場とて目先の結果は確かに重要ですが、ある程度長い目で見てあげることが必要なのでがないでしょうか。サポの側は浦和スタイルを構築したと思います。しかし、昨日のカズキ・コールは無いのではしょうか。10年一昔です、代変わりが必要な時もあります。さんざん迷ったあげく、来年のシーチケも継続してしまいました。今シーズンよりも、シタジアムに足を運ばせてくれるような試合が増えることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

第7節 名古屋戦(4/24@埼スタ)

P1040655 東日本大震災による約1カ月半の中断から再開したJリーグですが、中断はどうやら浦和にとって吉と出たようですね。開幕戦は不安MAXという感じでしたが、マルシオがチームにフィットしてきて、エジの動きが格段に良くなってきた。対戦相手の名古屋はACLをこなしての戦いで、試合勘に不安があったがそんな心配も吹きとぼしてくれた。

P1040664 スタメンは
-----エジ-----
-原口--丸塩--達也--
---暢久---柏木---
宇賀神-スピラ-永田-峻希
-----山岸-----
サブは加藤、坪井、野田、青山、マゾーラ、セル、高崎。怪我の平川に代わり峻希。出場停止の啓太のポジションは暢久が1列上がり、スピラがスタメン出場。主審は村上。

 前半、立ち上がりから動きの良さを感じる浦和、特にマルシオの動きが光りました。守備、攻撃とも積極的な動き、立ち上がりセンターサークル付近で闘莉王を削ったプレーは今日の試合にかける気迫が感じました。前線にケネディと永井という厄介なFWがいる名古屋に対しては、闘莉王からのロングフィードは脅威でしたが、マルシオ始め闘莉王にはらくにフィードさせないようなプレッシャーをかけに行っていました。
 どちらかと言うと、暢久アンカーで柏木の位置が高いように感じる布陣でしたが、これが当たりました。エジとマルシオの距離感が良く、テンポ良くボールを回したため、柏木がサポートに行きやすく攻撃の厚みを増す事が出来ました。先制点は、中盤でクリアボールを拾ったエジからカウンター。右サイドの達也にわたり、達也のシュートは楢崎にセーブされるが、こぼれたのはどフリーのマルシオの前、、マルシオはトラップして落ち着いてシュートを決める。チーム状態が良い時は、おうおうにしてこんな感じになるのでしょうか。
 追加点も、柏木を起点に右サイドのマルシオへスルーパス。マルシオは十分に相手DFを引きつけて、中に走り込んできた達也へドンピシャリのクロスが渡りました。2点ともマルシオの動きが光った得点でした。
 その後は一進一退となるが、名古屋はミスが多い。また、永井を何でサイドに張らせていたのか分かりませんでした。金崎とかぶってしまい、スペースなく前半は見せ場無し。闘莉王のフィードから裏を狙うというのが怖かったのですが、なかなかこのパターンに持って行けず。ケネディ、闘莉王があわやという場面もありましたが、微妙にボールが合わず。浦和のDF陣が体をあてに行っていたからかもしれません。これも浦和の3トップがさぼらずに前線からプレスをかけたおかげなのでしょうか。しかしながら、山岸のプレーはちょっとやばい。判断がいまいち遅いし、楢崎との決定的な差は前線へのパントキック、あのレベルははっきり言ってJレベルではありません。

 後半、すかすか中盤を名古屋が制して優位に立つが、浦和は永田、スピラの高さが生きて済州ラインでの跳ね返しをする。藤本は全く何の役にも立っていない。金崎は負傷?これで勝負あり。ただ、永井とケネディの2トップになり、永井が裏を狙うとそれなりにチャンスは出来た。名古屋は峻希のサイドを永井のスピードでという攻めでしたが、単なるスピード競争では峻希は永井にこてんこてんにされることは無かったですね。
 名古屋の攻めは次第にフェードアウト。3点目は前線での守備をさぼらなかった原口へのご褒美のような得点でした。流し気味の今日の主審の特徴をつかみ、相手の田中に厳しチャージからボールを奪い独走、GKにシュートははばまれるがこぼれてきたのは自分の前であとは冷静にシュートを決める。名古屋に強い原口は健在でした。
 名古屋は、若手を出場させ勝負は諦めた感じ。浦和は、達也→セル、原口、暢久→マゾーラ、青山と変える。中盤スカスカとなり、セル、マゾーラも決定機はあったが決め切れず。マゾーラの公式戦初ゴールは次に取っておきましょう。マゾーラはボールを持つと輝くが、ボールのないところでの動きはいまいちですね。このへんがJにしかこれなかった原因なのでしょうね。守備に頑張らねば、スタメンは厳しいか。
 中盤スカスカ同志の戦いで、運動量で今日は勝ったが、中盤でパスをつないでくる相手にどうでるか、このへんは次節以降の課題でしょうか。SHの1対1しか攻め手がなかったころから比べれば、チームでもって相手を崩す動きもでてきたし、右サイドから攻め、ファーへ原口がつめてくる、こんな攻めは今までは無かったと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

TM山形戦(4/10@埼スタ)

P1040623 今シーズンの当社から、不安定な戦いをしてきた浦和にとって東北大震災による中断が幸いとなるのか?この辺は非常に微妙な話であります。新加入のマルシオが全然実力を発揮出来ていない。理由は明白ですよね、回りとのコンビネーションがとれていない。時間がこの問題を解決してくれているか、今日はこの辺に注目です。

P1040635 スタメンは
-----エジ-----
-原口--丸塩--達也-
---暢久---柏木---
宇賀神-スピラ-永田-平川
-----山岸-----
サブは加藤、濱田、野田、青山、マゾーラ、セル、高崎。スピラ、永田がCBに入り守備陣は安定してきている。暢久がボランチでの起用。注目していたマゾーラはベンチから。
P1040637  前半戦、特に感じたのはパスのスピードが早くなっている事とマルシオがボールにタッチする機会が多くなっており目立ってきている事。今までの試合は、両SHに大きくボールを蹴りだして、そこからSHの1対1の仕掛けに持っていく戦術というような感じがしてまして、DFラインからビルドアップして中盤でボールをつなごうという意識は少なかったような気がしました。P1040641 エジに渡ったボールがマルシオに帰ってくるから、そこからSHにつなげてコンビで攻めるというような展開が出来ていましたね。SHにわたったとこで数的優位も作れていたので柏木、暢久が上がってきてボールに絡めるだけの時間が作れたから、攻撃に分厚さを感じる事ができました。
 特に達也の右サイドからの攻撃に、エジ、マルシオが絡んできたり、左は原口にわたると単独のカットインという感じなのが、エジとのワンツーを使ったり、宇賀神の攻め上がりを使ったりして、攻めのバイタリィティーが増えていました。
 先制点は、左サイドからカットインした原口からゴール前フリーのマルシオへ、シュートはポストに当たりましたが、そのボールを達也がすかさすフォローして、中につめたマルシオが今度はダイビング・ヘッドを決めました。非常に分厚い攻撃でしたね。攻撃に関していえば、コンビネーションが深められていた印象でした。平川→峻希で更に、峻希のサイド攻撃は可能性を感じるものがありました。
 ただ守備に関して言えば、ペトロが指摘していた通り、スピラの出来には物足りなさがありました。今日の相手の長谷川にフィジカルでも負けまくり、中途半端なバックパスであわやという場面もありました。
 後半、峻希に代わりサイド攻撃は活性化しましたが、峻希・宇賀神とも上がったあとを狙われるというか、簡単にサイドからのクロスを許し過ぎという感じがしました。今日は山形のコンデションも余りよくなく、シュートミスに救われました。この辺は課題ですね。
 CKから、スピラの折り返しを永田がシュート、こぼれたところをエジが確実に決めました。昨シーズンはセットプレーでは全くと言っていいほど、得点は取れませんでしたが、今年は違うとこを見せてくれました。
 マルシオ、原口、達也→マゾーラ、セル、青山。柏木が1列上がって、トップ下もポジションヘ、セルのドリブル突破からマゾーラ決めて3点目。マゾーラの埼スタ顔見世ということで。ただ、マゾーラのスピードはちょっと違いますね。
 そして、エジ、スピラ→高崎、濱田。しかし、攻めのメンツがこうなると4人の攻めてとの後ろとのスペースが空いてしまい、うまく前にパスがつながればビックチャンスにはなりますが、セル、マゾーラは守りの意識が薄いようで、やはりサイド攻撃をやられると苦しい展開になる。マゾーラはボールが無いところでももっと動いて欲しいですね。
P10405941  山形のコンデションも問題もあると思いますが、このまま3-0での勝利、去年は山形に1勝もすることが出来なかったことを考えれば上出来ということでしょうか。攻撃は確実にチームが出来あがっているが、守備に課題を残したということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

第1節 神戸戦(3/6@ホムスタ)

P1030038  内容・結果とも厳しいものとなってしまいました。危機感MAXという感じですかね。PSMよりは多少はまともなってはいるのでしょうが、対戦相手の神戸の出来も相当ひどいもの、自陣でボールをロストしまくり、それを乗じることができない浦和の攻撃陣、手ずまり感で一杯でした。今年は相当ひどい1年に、そしてペトロの行く末は長くない・・・・

P1030031 スタメンは
-----エジ-----
-原口--丸塩--達也--
---啓太---柏木---
宇賀神-暢久--永田-平川
-----山岸-----
サブは加藤、スピラ、野田、青山、マゾーラ、セル、高崎。マゾーラはベンチからスタート。主審は飯田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

PSM 大宮戦(2/20@Nack5スタ)

P1040591 やはり、去年までやっていたことをリセットして、一からまたチームを作り直す、これでは時間がかかるのは止むを得ないことであります。今日も暢久の不用意なプレーで、ゲームは台無しになってしまったわけで、評価的には非常に難しい試合かと思います。

スタメンは
-----エジ-----
-原口--丸塩--達也--
---啓太---柏木---
宇賀神-暢久--永田-平川
-----山岸-----
サブは加藤、坪井、野田、青山、マゾーラ、セル、原。今日一番注目していたマゾーラはベンチ。主審は今村。
前半、ワイドに開いた原口、達也の両SHにサイドチェンジの長いボールをつないで、素早く1対1を作る。そこから、個の力で力ずくで攻めていくという戦術は伺い知ることが出来ました。特に達也は体調が良いのか、ワイドにポジションを取りだけでなく盛んに相手DFの裏をとるプレーも見せていました。
 ただどうしても、現状のチームの成熟度を考えると、チームプレーがたりない。だから、全くマルシオが生かされていない。さかんに、動き回ってスペースでボールをもらおうとするのですが、そこへなかなかボールが出てこない。ボールが来ないから下がってもらおうとする。そうすると、ワイドに開いたSHへのボール供給はロングパスに頼らざるを得なくなる。マルシオを経由してダイレクトで素早くSHにバールをつなぐプレーが出来てくればまた違った攻めができると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

PCM 鳥栖戦(2/13@ベアスタ)

サガン鳥栖とのPSM、ペトロのやり方、ウィングをおいてオランダっぽい攻め方ですか、そのへんがどうなのか見てみたいとこです。スタメンは
GK-山岸
DF-平川、坪井、山田暢、宇賀神
MF-啓太、青山、原口、達也、マルシオ リシャルデス
FW-エジミウソン
SUB-大谷、スピラノビッチ、野田、堤、小島、セルヒオ、原

前半、合宿の疲れがあるのか、いまいち動きがよくない。案の定、集中を欠いたプレーでCKからニアで豊田ノーマークで失点。暢久、坪井のCBはもう普通にJ1ではやばいと思います。まあ、練習試合で本気になれない暢久のメンタリティーは分かりますが。
達也は調子が良さそうで、今日もキレのあるドリブルを見せてくれる。達也が倒されたPKをエジが決めて同点。しかい、うーん、微妙ですね。やり方は去年と違って、サイドチェンジを使ってサイドからクロスを早くあげるというのでしょうが、DFが帰って来ない前に攻めるということなのでしょうが、中のメンツが足りない。これやると、マルシオにボールが行かなくなってしまう。マルシオは終始消えているような感じでした。
啓太、青山のボランチもパスミス多くて、ちょっと今日の出来ではスタメンは厳しいでしょう。バールを素早くつないでサイドからクロスを上げるというのは分かりましたが、中との絡みがいまいち良くわかりませんでした。
後半になっても、ミスが多くてグタグタ感が出てくる。鳥栖に綺麗にサイドを崩されて失点。その後、原、セルを入れるが、効果的な攻めが出来ないまま、消化不良でタイムアップ。今年も、いばらの道が続きそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

練習試合 vs東海大(@大原)

P1040555 ペトロ体制になっての練習試合、今日の練習試合を逃すとさいたまシティ杯まで見る機会がなくなりますので、大原までやってきました。さすがに、サポーターズ・カフェは既に一杯でしたので、ゴール裏の首都高速側から金網越しの観戦 となりました。注目は新加入のマゾーラの出来ということなのでしょうか。

P1040571 スタメンは
-----高崎-----
-マゾ--セル--達也--
---啓太---暢久---
宇賀神-堤--坪井-平川
-----加藤-----

 注目のマゾーラですが、やはりスピードが違う。最初のプレーで相手を軽々と相手をかわす。セカンドプレーでも、複数人で対応してきた相手もかわし、相手のレベルもあるが、これは素晴らしいプレーヤーがやってきたという印象だなとおもっていたら、CKからヘッドであっさりと先制点を上げる。アッタカーだけでなく、ゴールゲッターとしての能力、決定力もありそうなタイプなのですね。
 セルをトップ下に入れた布陣に目をひかれました。セルはキープ力をいかして、サイドにボールを散らしていく。特に、マゾーラ、達也にボールがわたると、宇賀神、平川の両SBが追い越していく、非常にシンプルな攻撃の仕方と感じました。去年はあまりに、パスで崩そうというあまり、縦への攻撃的なパスが入れられず、その間に相手が戻って来てしまうという感じでしたが、今年はシンプレにゴールを目指すというもので、マゾーラのような個人能力の高いプレーヤーはアクセントになる。
 暢久のパスから前線右サイドに抜けた高崎からのクロスをセルが決めて2点目。堤から前線右サイドのいたセルにロングボールで展開、セルがキープしたところを平川が追い越して行き、平川のクロスが達也にドンピシャリであったのが3点目。このプレーは去年にはなかった攻めでしたね。やはり、相手DFが戻ってくる前に攻めることは大切ですね。
 ここで、マゾーラ、達也→マルシオ、原口と交代。合流して間もないマゾーラ、故障が心配された達也も元気にプレーをしていましたが、達也が接触プレーすると冷や冷やしてしまった。マルシオがトップ下で、セルが右にまわりました。マルシオは足元でボールをもらうのではなく、スペースに動いてボールをもらうタイプですね。期待させるのがセットプレーのキッカー役、4点目も右サイドからのFKからのこぼれ球を詰めて決める。そして、PA内で高崎が倒された得たPKを、ポンテばりの左サイドへのとれないところのキックで決めて前半終了。
 後半、坪井、宇賀神→小島、野田、GK大谷の交代。
-----高崎-----
-原口--丸塩--セル-
---啓太--小島---
野田-堤--暢久-平川
-----大谷-----
P1040576 高崎が相手DFの裏を取る動きにロングボールが入り、何度かGKと1対1となるが、ゴールは決め切れず。シンプルに攻めるということでは、去年には無かったプレーでした。そして、また選手交代、セル、啓太、暢久、高崎、平川→エジ、原、ユース3選手と交代。
 梅崎、原は積極的にしかけるものの、決定力不足でゴールは奪えず。守備の選手もユースの選手が入ったりとかで失点を喫する。前半5得点するが、後半は無得点。
 課題はあるかと思いますが、シンプルに相手が戻る前に攻める、そこにはマゾーラのようなプレーヤーは貴重かと思います。ただマゾーラにしても、3人に囲まれても今日は軽くかわしていた印象ですが、はたしてJ1レベルのDFとなるとこうは簡単にいくとは思わないで、その辺が今後も見所です。達也と談笑しながらランニングしていましたが、ワシントンがどうなの、とか5イヤーズがどうとかそんな話をしていたみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)