« 天皇杯QF瓦斯戦 | トップページ | 秋春制再考 »

2011年12月26日 (月)

今シーズンの振り返って

今シーズンの振り返りをまだやっていませんでしたね。ちょうど一年前に、更に厳しくなる11シーズンとしましたが、予想以上に落ち込んでしまいました。というよりも過去からの貯金を完全に使い果たしてしまった浦和史上最悪の一年だったかと思います。
移籍していった選手の穴埋めが出来ていない、ベテラン選手の衰えが誰の目にも明らかです。これに対応する加入して来る選手ですが、阿部、槙野、李とか名前は挙がってはいますがどうなんでしょうか。その場しのぎのフロントの対応がこういう結果をもたらしてしまったと思います。前途洋々と言われた若手にしても完全に伸び悩み。やはり、先日起こった原口事件に見られる体質が浦和そのものの体質ではないでしょうか。仲良しクラブでプロフェッショナル集団でない。ですか、合意直前までいった西野監督に逃げられてしまった。
ただ一つの救いは実績のあるミシャが監督になったことです。ここで訳の分からない人がなるよりはましですが、ミシャが志向サッカーに対してメンツがいない、また結果を早急に求めてはいけない。今シーズンが終了して浦和の立ち位置はハッキリしました。J2落ちの覚悟をしていても良いかと思います。J1残留出来ればめっけものという気もします。

|

« 天皇杯QF瓦斯戦 | トップページ | 秋春制再考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンの振り返って:

« 天皇杯QF瓦斯戦 | トップページ | 秋春制再考 »