« ストレスのたまるウィークエンド | トップページ | NIS2012にアップデートする »

2011年11月16日 (水)

速報東京V戦

ファイナル3を控えての天皇杯東京V戦、スタジアムはガラガラでまったり感マックスの雰囲気のなか南に陣取る。
スタメンは
FWーランコ
MFー原、マゾーラ、直輝、矢島
アンカーー小島
DFー峻希、濱田、青山、暢久
GKー山岸
サブー大谷、西崎、岡本、野崎、高崎、新井。ランコのワントップ、アンカーは小島。若手主体のメンツだか何故か暢久左SB。主審は村上。
前半、直輝、矢島が流動的に動き、マゾーラ、原がサイドにはる。ランコのワントップは機能しているとは言い難いが、結構ボールは回る。
東京VのDFラインは浅いので裏をつく動きがあってもよい。右サイドを突破した原のシュート、クロスバーを叩いた矢島のシュートなどそれなりに見せ場はあった。
後半、浦和のミスから決定機を作られる。しかし、悪い流れを振り切って原がシュートを決める。
青山故障で西袋イン、その直後、西袋が相手と入れ替わり、フリーになりシュート決められて同点。その後は流れは東京Vで、結果的には東京Vのシュートミスに救われた。ただ、濱田のポジショニングはよく、濱田が相手攻撃をはじきかえしていた。を

|

« ストレスのたまるウィークエンド | トップページ | NIS2012にアップデートする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報東京V戦:

« ストレスのたまるウィークエンド | トップページ | NIS2012にアップデートする »