« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

最終戦チケット完売

12月3日に行われる浦和の最終節・柏戦(埼玉)のチケットが近日中に完売する見通しとなった。

 28日正午の時点で販売枚数が5万5014枚に達し、残券は約3000枚。埼玉スタジアムで行われる主催試合では09年の最終節・鹿島戦以来2年ぶりに当日券販売を行わないことが決まった。確実となっているJ1残留が決まる一戦で、対戦する柏はJ1初優勝がかかるだけに注目度は大きい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

速報福岡戦

絶対残留!そのためには絶対に勝たなくてはならない一戦、最終戦が首位の柏であれば是が非でも勝ちたい。
スタメンは
FWーセル
MFー原口、梅崎、柏木、マルシオ
アンカーー啓太
DFー平川、坪井、永田、野田
GKー加藤
サブー山岸、スビラ、峻希、岡本、小島、原、ランコ。スタメンは前節仙台戦とまったく同じ。主審家本。
前半、立ち上がりは福岡の攻撃をくい左サイドクロスから危ないヘッドを食らう。前線でセルがボールをキープしだすと浦和のペースになる。セル→マルシオ、セル→原口と惜しいチャンスあり。セルはラインの高い福岡DFの裏をつく。福岡DFはセルについていけない。
しかし、セルがGKと交錯して、達也と交代すると浦和のボールの回りは急に悪くなり、福岡が良いかたちで攻めるようになる。右サイドから上手くボールをまわされゴールを決められる。前掛かりとなる浦和に対し、高い位置からプレスを仕掛ける福岡に対して、ボールを上手く回せず、逆にカウンターから危ない場面が再三あり。だか、達也のヘッドのこぼれたところを柏木が決めて同点に追いつけ前半終了。
後半、福岡に2回ほど決定機を作られ肝を冷やす。勝ち越しを許さず、この時間帯を凌いだのが今日の勝負のあやだった。
福岡の高いDFラインの裏をついて、柏木→梅崎に福岡DFはPA内でファウルし、レッドで福岡は退場。PKは一度みそがついたが、マルシオが確実に決める。その後、何度となく決定機あったが決められず。今季を象徴したような試合でした。これで残留はほぼ決定。安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

どうなの?

 次期の監督の件について、いろいろと噂が出ているようですが、岡田にせよ、西野にせよ、実績のある名監督に違いないが、今の浦和で短期では結果を出すのは至難の技かと思われます。まずは残留を決めてから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

極楽湯

極楽湯
超気持ち良い!至福のひとときだあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

累積警告について

 昨日の試合でイエロー2枚で退場となった、甲府のハーフナーマイクですが、7枚のイエローで2試合の出場停止となると思ったら、2枚イエローだと次の試合は出場停止となるが、7枚のイエローはそのまま持ち越しとなるため、最終戦には出場出来るようです。
 何か非常に納得がいかないルールですが、これが通るならハーフナーのような選手は、2枚イエローをもらってとっとと退場のほうが効果的、スポーツマンシップに反する行為を助長するルールが存在していることが何故か釈然としません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

速報仙台戦

速報仙台戦
残留のためには負けは許さない一戦です。直輝、濱田不在、雨のピッチはどう影響するか。
スタメンは
FWーセル
MFー原口、梅崎、柏木、マルシオ
アンカーー啓太
DFー平川、坪井、永田、野田
GKー加藤
サブー山岸、スビラ、峻希、岡本、小島、原、ランコ。セル、ワントップ、マルシオ久しぶりの復帰。アンカー啓太、坪井が久しぶりのスタメン。主審扇谷。
前半、守備を固める仙台に対し主導権を握った浦和。サイドからの攻撃もボールも柏木起点に良く回る。
セルのクロスバーを叩いたシュート、マルシオの相手DFを交わしたシュートはGK正面。どちらか決めて欲しかった。久しぶりの坪井は不安はあったが、仙台の攻撃は単発でDFラインはまずまず。
後半、ポゼッションでは圧倒的だかシュートになかなかもっていけない。達也、原を投入するが、効果的とはいえず。雨のため、水たまりが出来て、浦和のパスが走らなくなるのは致命的。守備は安定しており、仙台に決定機は作らせず。甲府が負け、得失点差て勝ち負けでひっくり返らない事になったのは大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NIS2012にアップデートする

 先日、PCをクリーンインストール事態に陥ってしまい、何とか正常に動くように出来ましたが、NIS2011をインストールしようすると、インストールの制限台数のオーバーというメッセージが出てきてしまい、しょうがないのでNIS2012の試用版でしのいできましたが、これも有効期間切れ(15日で期間切れとなってしまうのは納得いかないが)正規製品を購入することにしました。
 いつもの通り、価格.comで購入しようと思い価格.comのNIS2012の画面をネットで見ていると、右端の広告画面に出ているヤフー!オークション。ここに-中国版で2年有効版という製品が出品されていました。中国版ですが日本語でサポートしてくれるそうなので、金額も金額なので騙されたと思って、2300円で即決してしまいました。代金を振り込んで、プロダクトナンバーが送られてくるという、何の手間もなく購入できました。
 それで今朝早速アクティブ化してみましたが、問題もなくアップロード出来たようです。画面はノートン・アカウントにログインするとこだけ英語であとは日本語表示で、LIVE UPDATEも出来たし、IDセーフも無事にインポート出来ているようだし、今システムの完全スキャンを行っていますがこれも問題無いようです。
 しかし、このオークションの出品者はこの製品をどのように仕入れてきて、この価格の販売で利益が上がっているのか?そうだからやっているようなのですが、何か怪しげな臭いがプンプンなのですが・・・・・前の2011の有効期間は引き継がないようですので50日間損をしたような気がするが、まあ2300円で2年の保障を受けられる、正規に買えば5200円が1150円で買えた思えば良しとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

速報東京V戦

ファイナル3を控えての天皇杯東京V戦、スタジアムはガラガラでまったり感マックスの雰囲気のなか南に陣取る。
スタメンは
FWーランコ
MFー原、マゾーラ、直輝、矢島
アンカーー小島
DFー峻希、濱田、青山、暢久
GKー山岸
サブー大谷、西崎、岡本、野崎、高崎、新井。ランコのワントップ、アンカーは小島。若手主体のメンツだか何故か暢久左SB。主審は村上。
前半、直輝、矢島が流動的に動き、マゾーラ、原がサイドにはる。ランコのワントップは機能しているとは言い難いが、結構ボールは回る。
東京VのDFラインは浅いので裏をつく動きがあってもよい。右サイドを突破した原のシュート、クロスバーを叩いた矢島のシュートなどそれなりに見せ場はあった。
後半、浦和のミスから決定機を作られる。しかし、悪い流れを振り切って原がシュートを決める。
青山故障で西袋イン、その直後、西袋が相手と入れ替わり、フリーになりシュート決められて同点。その後は流れは東京Vで、結果的には東京Vのシュートミスに救われた。ただ、濱田のポジショニングはよく、濱田が相手攻撃をはじきかえしていた。を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

ストレスのたまるウィークエンド

ストレスのたまるウィークエンドが再開されます。降格争いは浦和と甲府に絞られました。勝ち点差2は勝ち負けでひっくり返ってしまいます。まさかのあの日のような事は起こるまいと思っていますが、これは楽観的観測にすぎない。あの日は、振り返りのBGMでエルトンジョンのショーマスとゴーオンが流れた。歴史は繰り返すのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

代表タジキスタン戦

初戦は8−0で大勝した相手でしたが、やはりホームとなるとちょっと違う。攻めの場面では相応に人数をかけて来ました。あわやの場面もあったが、終わってみれば、4−0で、チームとせしての熟成を感じた一戦でした。
初戦で機能したマイクハーフナーの1トップでしたが、この日はさっぱりでした。となると、香川なり岡崎が機能した。サイドからの攻撃も効果あった。次の北朝鮮とウズベキスタン戦はそれなりに選手を試すことが出来る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

PCリカバリー

 先日、PCの調子が悪くなりウィンドウズの画面が立ち上がらない事態に遭遇、仕方なくPCのリカバリーをしました。
 何でも最近のPCはリカバリーディスクが付属しておらず、なんか分かられないが一応、購入時の状態までは難なく戻せ、無線LANの設定、メールの設定ももう迷わずに完了。ソフトをインストールして、流石にマイドキュメントはバックアップしていたため、データが消失して、パニクる事もありませんでした。
 ただ、上手くいかなかったのがノートンのインストール、3ライセンスバージョンを使っているのですが、うちは3台のPCにインストールしているめ、クリーンインストールしようとするとライセンス数オーバーのためか、シリアルナンバーに罰点しるしがでてインストール出来ない、しょうがないので購入時にオマケでついてくる3ヶ月無料バージョンをインストール、NIS2008でしたが、ノートンアカウントにいき、最新2012にバージョンアップすることが出来ました。幸いにここでもIDセーフのバックアップをしておいたために、ネットの利用は何らの障害はなし。
 困ったのは、プロバイダーのメール、ウィンドウズメールでバックアップしておいたはずでしがインポートが出来ない。それくらいで、後は特に問題なく終了しました。しかし、過去の経験からすると1年以内にHDDはクラッシュしてしまう。2012の夏モデルくらいを購入することになるのか。となると今回もPCの寿命は4年ということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

頑張れ小島

磐田戦は本当に完敗でした。特に啓太の不在が響きましたね。啓太の危機管理能力というか、スペースを埋める動きを小島に求めるには、まだ時期尚早という気がしました。
守りでは2ラインの間のスペースを埋められずDFラインがずるずる下がる。攻めでは小島にボールが入る瞬間を狙われていたような気がします。それと前の選手を追い越して行く動きは良かったのですが、小島が前に出た後のスペースを誰が埋めるか約束事が出来ていなかったように思います。小島の動きには特に規制がかかっているようには思えませんでしたし、ここのところは監督の考え方次第なのでしょうね。規制をかけるか、自由にやらせてそこから生まれてくる成功なり、失敗を次の糧に生かして行く。堀監督は後者なのでしょうね。
昨日、選手の中で一番悔しい思いをしたのは小島だと思います。この悔しさは次への糧にしてもらいたいと思います。リーグ戦も残り3試合で、降格争いも浦和と甲府に絞られてきました。まさかの結末が訪れないように祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

速報磐田戦

内容的には完敗だったナビスコ決勝からの一戦、堀監督の選手起用にも注目が集まります。
スタメンは
FWーセル
MFー原口、梅崎、柏木、峻希
アンカーー小島
DFー平川、濱田、永田、暢久
GKー加藤
サブー山岸、坪井、スビラ、野田、青山、マゾーラ、ランコ。セルのワントップは、アンカーは啓太に代わって小島、直輝に代わって峻希。選手交代かどうでるか。主審は広瀬。
前半、全体的に動きが鈍く攻撃に連動性は感じられない。セルにボールが収まらないし、渡っても孤立している。原口、梅崎の個人技頼みか。
CKからあっさり前日に押し込まれて失点。その後、山崎に決定機を3回作られるが、決められず、これが勝負のあやとなるか。浦和は守備に回ると2ラインを作り、どっかのチームのようだ。
後半、決定機を外しまくった山崎に決められる。そして、3点目の前田へのラストパスは完璧。どうあがいても浦和の勝ち目は無かった。余りのお寒い内容にブーイングすら沸き起こらず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

携帯機種変更(SH02A→F11C)

携帯を機種変更しました。前の機種はSHのA02でしたが、機種変更クーポン3000P、下取りクーポン5000Pが10月で終了になってしまうとの事で、急遽機種変更するとこにしました。
ヤマダ電機を覗いてみたら、F11Cが19800円で売っていました。これに携帯補償のキックバック3000Pに、ドコモポイント5500Pを活用して2500円くらいで機種変更できました。ただし、最後の1台で色はゴールドのみということでしたので、普段なら選択しない色ですが止む無く購入、でもゴールドの携帯を使っている人は結構いる、特にビジネス用では違和感はあまりない。
 前回はSHでしたが、それまでは何故かずっとFを使っていましたので使用感はまあまあです。あと、ヤマダは購入にあったでの加入条件がゆるこいのもいいですね。ショップによっては7,8も加入させられるケースがあります。次はスマホだな。でもきっと使いこなせないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCクラッシュ?

 ノートPCの調子がいまいち悪い。ナビスコの浦和敗戦でネット閲覧中にフリーズ、電源を協定的に切ったら、立ち上がらなくなってしまった。購入して3年3か月、ちとリカバリーするにはすこし早いきがする。過去の経験からすると、リカバリーしてから、約1年でHDDがクラッシュしてしまう。PCの価格が安くなるのはいいが、クラッシュするまで時間は短くなってしまった。少なくても5年はもってほしいのですが・・・・
 今回の失敗は、IDセーフのログを更新していなかったこと。この作業を考えるとうんざりする。そう、NISはリカバリーしたPCは1台としてカウントされてしまうのか。インストールができない、NIS2012の体験版でしばし時間を過ごすしかないのか。ああ~、面倒くさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »