« 速報ナビスコC大阪戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »

2011年10月 9日 (日)

代表ベトナム戦

 東南アジアのチームというと、今まではアウト・オブ・クエスチョンと言う感じでしたが、今日のベトナムの出来をみているとそうは言ってられない。タイホドのトリッキーなプレーはしないものの、結構フィジカルも強くて、何より日本ことを研究していた印象でした。
 日本のDFラインからボランチにボールが出るスペースをけしていました。いつもなら、そのポジションに遠藤がいて、巧みにボールをちらす役割を果たすのですが、遠藤がいないとその役割をこなす人がいないため、前線・サイドに有効なボールを散らすことが出来ない印象でした。
 更には、ザックの3-4-3はレギュラー不在、香川がサイドに張ってしまい、一列後ろの長友が上がって行くスペースを見事にけしていました。そんななかでも、右サイドを見事に崩して李のゴールが決まる。
 後半は控え選手の顔見世となってしまったのか、立ち上がりの日本のミスにも乗じたがベトナムがあわやの場面を作る。ここが今日の一番のハイライトだったかな。原口はドリブルで積極的に仕掛けて行くのは良いが、やはり独善的というかもう少し周りの選手を生かせてくると一皮むけるのでしょうね。遠藤の不在がきいた試合でした。中村をトップ下に起用したが、中村のプレーシタイルを考えると、遠藤の代役として機能させたほうが良いような感じあがしました。

|

« 速報ナビスコC大阪戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表ベトナム戦:

« 速報ナビスコC大阪戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »