« ザックジャパン大勝 | トップページ | 浦和崩壊 »

2011年10月15日 (土)

速報大宮戦

甲府が大勝し、残留争いには絶対に負けられない試合、、ナビスコの良い流れに乗れるかがポイント。
スタメンは
FWーランコ・セル
MFーマルシオ、梅崎、柏木、啓太
DFー平川、濱田、永田、野田
GKー加藤
サブー山岸、岡本、暢久、直輝、スビラ、原口、高崎。2トップはランコ・セル、梅崎とセルで原口ベンチでナビスコの良い流れは継続する布陣。主審は松尾。
前半、守備を固める大宮に対し、2トップがボールをキープ出来るスペースがない。梅崎、セルは良い動きをしているが連動性は余り感じられず。浦和がボールをキープしている時間帯は長いが決定権は無い。
逆に、ラファエル→上田で肝を冷やす。大宮の攻撃に厚みはないが、ラファエルに良いかたちでボールが入ると怖い。
後半、ボールはキープしてあるが、惜しかったのは、セル→ランコくらい。最後は絶対にやられてはいけないラファエルにやられて、ジ・エンド。
原口、尚貴を投入するが局面を打開するには至らず。これで降格圏内に突入。本当に苦しくなってしまった。

|

« ザックジャパン大勝 | トップページ | 浦和崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大宮戦:

« ザックジャパン大勝 | トップページ | 浦和崩壊 »