« 代表ベトナム戦 | トップページ | ザックジャパン大勝 »

2011年10月 9日 (日)

速報G大阪戦

リーグ戦の不振をよそに、何故かSFに来てしまった浦和、お互いに代表選手がいないが、これが戦い方にどう出るかがポイント。
スタメンは
FWーランコ・セル
MFーマルシオ、梅崎、柏木、啓太
DFー宇賀神、濱田、永田、野田
GKー加藤
サブー山岸、岡本、暢久、小島、青山、原、高崎。2トップはランコ・セル、梅崎が2トップにいかにからむか、岡本が久々のベンチ入り。主審は松尾。
前半、C大阪に勝った良い流れがそのまま出た。とにかく梅崎はキレキレで、積極的にゴールを狙う姿勢がチームに良い影響を与えている。セルも球放れが良いから、ボールの流れが良くなる。ランコもボールをキープしやすい。
右サイドに流れたランコから、中央のセルの放ったミドルをGK弾いたところを梅崎が詰めてやすやすとゴール。2点目も梅崎のミドルが相手DF(セルに最後は当たった?)セル・梅崎の活躍で望外のリード。
G大阪は遠藤がいないと、こうもチームが変わってしまうのか。ボールは回るが、タメがないし、急所に入るパスがない。前半は危ない場面無し。
後半、セル中心にボールが回る。セルの決定機は二回あり。せめて最初のマルシオからのクロスは決めておきたいところ。決めていたらお祭りになったろうに。
G大阪は3トップにするが、中央を固める濱田中心に弾き返されるばかり。浦和もカウンターで仕返すが結局その後は得点は奪えず。ロスタイムに加藤のキックミスから1点返され、最後は冷や汗・・・。
ただ、人とボールが連動した展開は今までになかった試合となった。こういう試合が出来れば、降格争いをすることは無いのに。
02年ナビスコもSFでG大阪相手にエメのVゴールで勝った。ウィークデイの大阪アウエーで、遠征は元論、TV放映など無く、浦議で展開を確認するしかなし。ネットで「私を国立に連れてって!」と打ちまくったのを思い出します。それが今のハンドルネーム。決勝には今までの思いを詰め込んだ手作りの旗をもっていったよな。しかし、あの時は決勝で鹿島に負けたよな。

|

« 代表ベトナム戦 | トップページ | ザックジャパン大勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報G大阪戦:

« 代表ベトナム戦 | トップページ | ザックジャパン大勝 »