« ナビスコ決勝 | トップページ | PCクラッシュ? »

2011年10月29日 (土)

速報ナビスコ決勝鹿島戦

リーグ戦では調子があがらすにいるが、それでも決勝進出出来るのが、一発勝負の面白いところ。横浜戦でみせた堀采配が今日はどうでるか。
スタメンは
FWーセル
MFー原口、梅崎、柏木、直輝
アンカーー啓太
DFー平川、濱田、永田、暢久
GKー加藤
サブー山岸、坪井、スビラ、峻希、岡本、小島、ランコ。セル、ワントップは、アンカー啓太、高松宮杯を制した時のフォーメーション。坪井が久しぶりのベンチ。怪我なのか守備を重視を主審は。
前半、鹿島は大迫のキープ力を生かしつつ攻める。後ろから上がってくる遠藤なりにボールか会うと怖い。DFラインから精度の高いフィードがSBに通る。
浦和はセルのキープ力を生かしたいのだが、二人がかりで体を寄せてくる、鹿島DFに自由にさせてもらえない。サイドに開く原口、梅崎とセルの作るスペースを生かせない。ワンタッチでボールを前な運ぼうとするが、そのへんは鹿島DF陣もおみとおし。見せ場は少ない。
後半、いきなり直輝2枚のイエローで退場。その後は鹿島の雨嵐の攻撃を受けて、クリアが精一杯の浦和に対し鹿島は余裕こき過ぎで得点に至らず。選手もミスが多い。ここが今年の鹿島の弱さか。
浦和はこの時間帯を凌ぎきると、帳尻合わせのように青木に二枚目のイエローで退場。選手起用もバランスを崩してのもので、田代投入により興梠のスペースは無くなってしまった。浦和が有利かと思った。バランスを崩した鹿島に対し、パスを繋いで攻めればよいが、セル、原口のビックプレーを狙うのみ。
結果的には延長に入るが、つなぎが出来ない浦和に対し結果は妥当なものとなった。

|

« ナビスコ決勝 | トップページ | PCクラッシュ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ナビスコ決勝鹿島戦:

« ナビスコ決勝 | トップページ | PCクラッシュ? »