« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

速報ナビスコ決勝鹿島戦

リーグ戦では調子があがらすにいるが、それでも決勝進出出来るのが、一発勝負の面白いところ。横浜戦でみせた堀采配が今日はどうでるか。
スタメンは
FWーセル
MFー原口、梅崎、柏木、直輝
アンカーー啓太
DFー平川、濱田、永田、暢久
GKー加藤
サブー山岸、坪井、スビラ、峻希、岡本、小島、ランコ。セル、ワントップは、アンカー啓太、高松宮杯を制した時のフォーメーション。坪井が久しぶりのベンチ。怪我なのか守備を重視を主審は。
前半、鹿島は大迫のキープ力を生かしつつ攻める。後ろから上がってくる遠藤なりにボールか会うと怖い。DFラインから精度の高いフィードがSBに通る。
浦和はセルのキープ力を生かしたいのだが、二人がかりで体を寄せてくる、鹿島DFに自由にさせてもらえない。サイドに開く原口、梅崎とセルの作るスペースを生かせない。ワンタッチでボールを前な運ぼうとするが、そのへんは鹿島DF陣もおみとおし。見せ場は少ない。
後半、いきなり直輝2枚のイエローで退場。その後は鹿島の雨嵐の攻撃を受けて、クリアが精一杯の浦和に対し鹿島は余裕こき過ぎで得点に至らず。選手もミスが多い。ここが今年の鹿島の弱さか。
浦和はこの時間帯を凌ぎきると、帳尻合わせのように青木に二枚目のイエローで退場。選手起用もバランスを崩してのもので、田代投入により興梠のスペースは無くなってしまった。浦和が有利かと思った。バランスを崩した鹿島に対し、パスを繋いで攻めればよいが、セル、原口のビックプレーを狙うのみ。
結果的には延長に入るが、つなぎが出来ない浦和に対し結果は妥当なものとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ決勝

ナビスコ決勝
ホープ軒ジャック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

旗の波

浦和が初めてのタイトルに近づいたのは、02年のナビスコカップでした。前年の天皇杯で準決勝@埼スタで、C大阪に破れ試合後抜け殻のようになり、しばらくはそういう思いは味わえないと思った翌年の事でした。
初めてのファイナル進出に完全に舞い上がっていました。チケット争奪戦には朝もはよから、ぴあの窓口に並んだが、あっという間に完売。その後、何となしに期待せずに入ったローソンでゲット出来たのは本当にラッキーでした。
試合当日はとにかく旗を持参しようと言う事でしたが、その旗の波、波、波その圧倒的な美しさには感動した。特に当日はアウエーからホームにちょうど良い風も吹いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

降格圏脱出

 今シーズン初めての逆転勝ち、そして甲府は清水に完敗したため何とか降格圏を脱出できました。堀監督に代わり、堀の指導を受けた直輝、原口、濱田、峻希らが、新システムの1414を上手くこなして、ペッカーではサッカーになってきたのが何よりでした。
 流動的に動きまわる直輝、積極的にカットインを試みる原口、原口のスペースに上がってくる宇賀神と、早いリスタートから奪った梅崎の逆転ゴールなど、新シシテムを採用してわずかでしたが、共通の戦術理解はあったようです。ペトロの戦術に理解できないのも良く分かります。終盤戦になってようやく攻撃の形は出来てきたのは何よりです。ただ、まだまだ油断は出来ない。
 来週はナビスコ決勝です。今シーズンもんもんとしてきたものを、是非とも晴らしてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

速報横浜戦

堀監督に代わり、残留争いを乗り切るには非常に不安。しかし、ペッカーとさよなら出来るのがなによりと肯定的に考えるしかないか。
スタメンは
FWーセル
MFー原口、梅崎、柏木、尚貴
アンカーー啓太
DFー宇賀神、濱田、永田、平川
GKー加藤
サブー山岸、坪井、スビラ、峻希、暢久、高崎、マゾーラ。セル、ワントップは、アンカー啓太、高松宮杯を制した時のフォーメーション。坪井が久しぶりのベンチ。主審は山本。
前半、せっかくのフォーメーションだが空回り気味、セルに全然ボールがおさまらない、セルは盛んにDFの裏を狙うが、効果的なボールが入らない。リズムが悪い。
案の定、渡辺に簡単に左サイドから突破され、こほれ球の二本目が大黒の前にこぼれ、あっさりと決められる。原口、梅崎にボールが入りドリブルで仕掛けるとどうにかかたちになり、原口のバーをたたいたシュート、原口を追い越してシュートをする宇賀神と、前半の序盤は良いところ無しだったが、横浜が引き気味にきたところを破れかぶれ的攻撃だったが浦和ペースに。
後半、立ち上がり右からのクロスに直輝が相手DFに倒されPK、直輝の蹴ったPKは相手GKにセーブされるが、原口が詰めて同点。FKからの素早いリスタートで、ドリブルする梅崎に左に原口、右にセルが散って3対2となり、シュートを狙えた梅崎のシュートは見事に横浜ゴ-ルにつきささり逆転。
 あとは、守備固めに入るが、最後は今期出番のなかった坪井が右SBに入る念の入れよう。自軍であっけなくファールをする浦和に対しして中村のFKは脅威でしたが、横浜は何を血迷ったか、早々のパワープレー。出てきたキムクナンはさっぱりだったのが浦和にとってはラッキーでした。
 久々のサッカーを見せてくれた浦和、監督変わってわずかだがやはり相当にプレッシャーあったのか、勝った瞬間はチームは大騒ぎ、原口は泣いていましたね。さあ、ここからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

ようやく・・・

 発表されました。まあ、今季で解任の監督に最後まで指揮を執らせるという、あってはならない事態は回避されました。しかし、降格圏内にいる事実は変わりなく、掘監督にしてもこれから、本当に厳しいファイナル5が始まるわけです。
 もう、本当にまともな監督には全く相手にされなくなってしまった浦和、そのフロントの体質には全くあきれるばかり。堀監督とて、もう身内に頼むしかなく、何かに期待されての登場ではなく、最悪の事態を回避し消極的な、いわば消去法での起用となったわけで、来期までの監督の座は約束されているわけなどありえません。まあ、とにかく頑張って欲しい、それだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

浦和崩壊

 突然の辞意表明、しかも残り5試合に全力を尽くすとさ。呆れかえってものが言えないよ。社長のコメントにも呆れかえる。辞めて行く奴にこれからの重要な試合をまかすことは出来るの?何か、浦和に対する愛着が0%になったしまった瞬間です。これで、降格が阻止出来たら、それは選手の頑張り以外の何物でもない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報大宮戦

甲府が大勝し、残留争いには絶対に負けられない試合、、ナビスコの良い流れに乗れるかがポイント。
スタメンは
FWーランコ・セル
MFーマルシオ、梅崎、柏木、啓太
DFー平川、濱田、永田、野田
GKー加藤
サブー山岸、岡本、暢久、直輝、スビラ、原口、高崎。2トップはランコ・セル、梅崎とセルで原口ベンチでナビスコの良い流れは継続する布陣。主審は松尾。
前半、守備を固める大宮に対し、2トップがボールをキープ出来るスペースがない。梅崎、セルは良い動きをしているが連動性は余り感じられず。浦和がボールをキープしている時間帯は長いが決定権は無い。
逆に、ラファエル→上田で肝を冷やす。大宮の攻撃に厚みはないが、ラファエルに良いかたちでボールが入ると怖い。
後半、ボールはキープしてあるが、惜しかったのは、セル→ランコくらい。最後は絶対にやられてはいけないラファエルにやられて、ジ・エンド。
原口、尚貴を投入するが局面を打開するには至らず。これで降格圏内に突入。本当に苦しくなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

ザックジャパン大勝

格下のタジキスタン相手に8−0の大勝!シュート数、39−0と圧倒、久しぶりのお祭り状態。ハーフナー格下相手に強引にゴールをこじ開ける時には非常に有効ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

速報G大阪戦

リーグ戦の不振をよそに、何故かSFに来てしまった浦和、お互いに代表選手がいないが、これが戦い方にどう出るかがポイント。
スタメンは
FWーランコ・セル
MFーマルシオ、梅崎、柏木、啓太
DFー宇賀神、濱田、永田、野田
GKー加藤
サブー山岸、岡本、暢久、小島、青山、原、高崎。2トップはランコ・セル、梅崎が2トップにいかにからむか、岡本が久々のベンチ入り。主審は松尾。
前半、C大阪に勝った良い流れがそのまま出た。とにかく梅崎はキレキレで、積極的にゴールを狙う姿勢がチームに良い影響を与えている。セルも球放れが良いから、ボールの流れが良くなる。ランコもボールをキープしやすい。
右サイドに流れたランコから、中央のセルの放ったミドルをGK弾いたところを梅崎が詰めてやすやすとゴール。2点目も梅崎のミドルが相手DF(セルに最後は当たった?)セル・梅崎の活躍で望外のリード。
G大阪は遠藤がいないと、こうもチームが変わってしまうのか。ボールは回るが、タメがないし、急所に入るパスがない。前半は危ない場面無し。
後半、セル中心にボールが回る。セルの決定機は二回あり。せめて最初のマルシオからのクロスは決めておきたいところ。決めていたらお祭りになったろうに。
G大阪は3トップにするが、中央を固める濱田中心に弾き返されるばかり。浦和もカウンターで仕返すが結局その後は得点は奪えず。ロスタイムに加藤のキックミスから1点返され、最後は冷や汗・・・。
ただ、人とボールが連動した展開は今までになかった試合となった。こういう試合が出来れば、降格争いをすることは無いのに。
02年ナビスコもSFでG大阪相手にエメのVゴールで勝った。ウィークデイの大阪アウエーで、遠征は元論、TV放映など無く、浦議で展開を確認するしかなし。ネットで「私を国立に連れてって!」と打ちまくったのを思い出します。それが今のハンドルネーム。決勝には今までの思いを詰め込んだ手作りの旗をもっていったよな。しかし、あの時は決勝で鹿島に負けたよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代表ベトナム戦

 東南アジアのチームというと、今まではアウト・オブ・クエスチョンと言う感じでしたが、今日のベトナムの出来をみているとそうは言ってられない。タイホドのトリッキーなプレーはしないものの、結構フィジカルも強くて、何より日本ことを研究していた印象でした。
 日本のDFラインからボランチにボールが出るスペースをけしていました。いつもなら、そのポジションに遠藤がいて、巧みにボールをちらす役割を果たすのですが、遠藤がいないとその役割をこなす人がいないため、前線・サイドに有効なボールを散らすことが出来ない印象でした。
 更には、ザックの3-4-3はレギュラー不在、香川がサイドに張ってしまい、一列後ろの長友が上がって行くスペースを見事にけしていました。そんななかでも、右サイドを見事に崩して李のゴールが決まる。
 後半は控え選手の顔見世となってしまったのか、立ち上がりの日本のミスにも乗じたがベトナムがあわやの場面を作る。ここが今日の一番のハイライトだったかな。原口はドリブルで積極的に仕掛けて行くのは良いが、やはり独善的というかもう少し周りの選手を生かせてくると一皮むけるのでしょうね。遠藤の不在がきいた試合でした。中村をトップ下に起用したが、中村のプレーシタイルを考えると、遠藤の代役として機能させたほうが良いような感じあがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

速報ナビスコC大阪戦

お互いに、若手主力が代表に選出されて、なんとわなしに盛り上がらない、ウィークデイのナビスコ。まあ、勝つことは良いことだ。9日は埼スタに行きましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

速報G大阪戦

 結果は、0-1であったがいいところ全く無しの完敗。見せ場は、梅崎が右サイドを深くえぐりm原が飛び込んできたところだけ。原口は空回り。

ナビスコ、天皇杯をはさんでの大宮戦が今季のヤマ。今のチーム状況だと、一旦降格圏におちたら、這いあがれない予感がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »