« 速報C大阪戦 | トップページ | なでしこ五輪予選 »

2011年9月 3日 (土)

必然の勝利

 W杯の3次予選初戦、結果からすれば辛勝でした。確か、2大会前の埼スタのオマーン戦も終了間際に久保の決勝ゴールで辛くも勝利したように、実力差があってもW杯予選初戦は難しいものになる傾向が強い。
 しかし、内容を見てみると、勝つべくして勝利した、監督の采配は7年前とは雲泥の差がありました。日本の特徴であるパスがきれいにまわり、北朝鮮は何も出来ず、専守防衛というかたちでしたが、こういうかたちになってしまうとなかな打開できなかったのが、今までの日本でした。
 ただ、清武を入れると香川との連携が急によくなり、パスだけでなく強引にゴールに攻めいるよになったし、ハーフナーマイクを投入すると、マイクを警戒するあまり、北朝鮮DFはゴール前を固めざるを得なくなり、こぼれ球も日本が拾いまくり、ほぼワンサイドの展開となる。マイク、今野のシュートがクロスバーを叩くという、場面もあったが最後にゴール前で相手DFのマークがずれてフリーの吉田が決勝ゴールをあげる。
 これは監督が取った作戦がもろあたりというか、取るべくして取った必然の決勝点だったと思います。アジア相手ですと、マイクの起用というのは、ザックジャパンにとって有効な戦術なのかもしれませんね。結果的には辛勝でしたg、内容的には得るものが多かったW杯予選初戦でしたね。

|

« 速報C大阪戦 | トップページ | なでしこ五輪予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 必然の勝利:

« 速報C大阪戦 | トップページ | なでしこ五輪予選 »