« 速報でない神戸戦 | トップページ | 速報でない甲府戦 »

2011年8月14日 (日)

速報新潟戦

お盆休み中のアウェー新潟戦、今シーズンのアウェーはスカパー!のお世話になるしかないのですが、ビッグスワンは結構な入り。

FWーランコ
MFー直輝、達也、原口
ボランチー柏木、啓太
DFー平川、暢久、永田、峻希
GKー加藤
サブー山岸、スピラ、宇賀神、セル、小島、高崎、マゾーラ。代表戦出場のスピラに代わって暢久スタメン、出場停止のマルシオに代わり達也がスタメン、主審は井上。
前半、新潟戦の相性の良さというのはこういう事かと思うほど、立ち上がりに原口→直輝→原口であっさり先制。直輝がプレーに絡むと非常にシンプルに感じる。
ランコを起点に原口、達也、直輝で前線から組織的に守備している。柏木、啓太のことで相手ボールをカット出来、それがショートカウンターにつながる。何度か惜しいチャンスをつかむ。そして、セットプレーから、柏木のFKに暢久あわせ、相手DFにあたりあわやOGを、相手GKがはじいたところを永田が詰めて追加点。
新潟の攻撃はロングボールをFWに合わせてくるのみで、そこは暢久、永田できっちり対応するが、暢久のイエローは余計だった。前半戦の出来は連動性を感じるものだった。
後半、新潟の攻撃は浦和のDFの裏狙い、加藤が相手を倒してPK。その後、ランコのオフサイド臭い繋ぎから、達也抜け出して、クロスを直輝が合わせて3-1となり、ここで勝負ありでしたね。
しかし、ロスタイムにPA内で永田が軽率プレーでハンドを取られPKとなり、終わってみれば1点差。内容的には圧倒的に優位でしたが、若干の後味の悪さが残る試合でした。加藤はチョコチョコ動くのは止めてドンと構えていてほしい。

|

« 速報でない神戸戦 | トップページ | 速報でない甲府戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 速報でない神戸戦 | トップページ | 速報でない甲府戦 »