« 速報磐田戦 | トップページ | 速報ナビ山形戦 »

2011年7月23日 (土)

速報甲府戦

降格争いの当面のライバルである甲府との一戦。前節、甲府はG大阪に派手な撃ち合いの末勝利、対する浦和はロスタイムにPKで追いつかれるという、勢いの差はあるかと思える。ただ、森さんの追悼試合でもあり絶対に負けたくない戦いでした。

スタメンは
FWーランコ
MFー原口、マルシオ、セル、柏木、啓太
DFー平川、暢久、永田、峻希
GKー加藤
サブー山岸、宇賀神、暢久、直輝、小島、高崎、マゾーラ。ランコを1トップにすえる、達也は故障、原口は捻挫が完治していないおらず、監督の焦りも感じる選手起用。主審は扇谷。

前半、浦和が中盤を支配するが、カウンターから抜けだされ、加藤がパウリーニョを倒して一発退場で厳しい戦いになる。浦和は、原口のシュートをランコが拾い決まったかに見えたが惜しくもオフサイド。
マイクはスピラが抑えているが、パウリーニョがフリーとなり、前半で2度クロスバー直撃のシュートをくらう、どちらかが決まっていればまずい展開でしたが、なんとかしのぐ。人数いない分だけ、守りに集中している、甲府の攻めが中央突破になるので、守りやすく、カットすればカウンターとなり、原口、マルシオの突破となる。柏木、啓太のとこでリズムがつくれるようになってくる。

後半、左サイドの柏木からオーバーラップした平川にパスがとおり、平川のシュートは跳ね返りがゴールインするラッキーな得点。その後、柏木がGKの位置を良くみてのミドルが決まり、2-0となる。
守備は、甲府の攻撃に工夫がないため、ラインを下げられることもあまりなく、結果的に完封したが、甲府の攻めに助けられた。ランコはコンデション的にはまだまだのようで、途中足が攣り高崎と交代。忠実にプストプレーもこなし、守備もするので使い勝手はよさそう。

|

« 速報磐田戦 | トップページ | 速報ナビ山形戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報甲府戦:

« 速報磐田戦 | トップページ | 速報ナビ山形戦 »