« 速報福岡戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »

2011年6月25日 (土)

速報名古屋戦

福岡に勝利をいかすには、今日の一戦の持つ意味は大きい。というもののエジの移籍は決定、FWに誰が入るか注目されるところ。
スタメンは
FWー達也、原
MFーマルシオ、直輝、暢久、啓太
DFー平川、スビラ、永田、峻希
GKー加藤
サブー山岸、宇賀神、小島、柏木、梅崎、原口、マゾーラ。2トップに原、達也を起用、小島、原口はベンチから。主審は扇谷。
前半、マゾーラ外して達也・原の2トップは守備重視に戻るという意図なのでしょうか。ペトロの攻撃一辺倒のバランス悪いフォーメンションが解消されればよいのだが・・・
ゲームの入りは悪くない。3バックの名古屋だが、浦和がサイドで数的優位をつくり、名古屋のWBは下がらざるを得ず、5バック気味のボジション。ただ、浦和も達也、原の2トップは機能しているとは言い難い。マルシオ負傷退場で原口イン。前半はお互いに見せ場無しで終了かと思われた、アデッショナル・タイムにケネディのポストプレーから2列目から磯村に走り込まれ失点。非常に悪い点の足られ方でした。
後半、バランス悪い名古屋は闘莉王をアンカーに上げ、攻めることに。闘莉王のFKからのCKで闘莉王のヘッドはクロスバー直撃となるが、危ない場面はこれくらい。浦和はボールを支配する。啓太→マゾーラで攻めに出る。マゾーラが再三サイドを崩し、達也のクロスバー直撃ノシュート、原のオフサイドとなったシュートなどあり、更には左サイドを深くえぐったクロスを原がシュートするが、楢崎に指でセーブされる。楢崎はこのプレーで負傷交代。
浦和も達也の疲れとともに攻撃はフェードアウト。中盤はスカスカとなる。原口・マゾーラがドリブルでゴールに迫るが中央を固める名古屋DFに跳ね返される。達也→梅崎も機能しているとは言い難い。最後はスピラを前線に上げるが、悲しいかな、今日のメンツだとそれを生かすボールを蹴れる選手がいない。
しかし、アデショナル・タイムに浦和サポに魅入られたように千代反田がPA内でハンドを犯す。マゾーラのPKはゴール裏に移動してきた浦和サポの目の前、相手GKの動きを見極めゴール中央に。まさにサポの力で引き分けまで持ち込んだ、マゾーラのPKは90+8分という時間帯のゴールだった。

|

« 速報福岡戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報名古屋戦:

« 速報福岡戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »