« 速報大宮戦 | トップページ | 速報清水戦 »

2011年6月15日 (水)

速報広島戦

原口を五輪予選で欠く非常に厳しい戦いになると思われる広島戦、まさか予選で原口が怪我なんて最悪の事態は止めてね。そうなっちゃうと流れはあの年と全く同じ。
スタメンは
FWーエジ
MFーマルシオ、柏木、達也
CH-啓太、暢久
DFー平川、スピラ、永田、峻希
GKー加藤
サブー山岸、宇賀神、坪井、直輝、堀之内、梅崎、マゾーラ。高崎は怪我?機能しないエジワトップに戻る。平川スタメンで」守備強化、暢久・啓太のボランチは微妙。セル、原はどうした。主審は山本。
前半、平川が入ることによって守備は安定するが、完全に前後分断サッカー。ボランチの攻め上がりは少ないし、サイドは右からの攻めのみ。
佐藤の縦ポンにスピードでスピラ、永田は不安だが、幸いなことに攻め上がらないボランチが効いてか、カウンターからの危ない場面は無かった。というより、厳しい日程で動きが基本の広島には厳しく作用したか。お互いに見せ場は無し。
後半、達也の疲れととも浦和の攻撃はフェードアウト。しかし、達也、マルシオで惜しい場面あり。添加としては浦和です。マゾーラ、直輝投入で、マゾーラのクロスから直輝の決定機があり。マルシオか、直輝が決めていればなあ・・・・
スカパー!では好試合といっていたが、たしかに攻守の切り替えあったが、ミスがお互い多い。凡戦でしちゃ。しかし、2位の相手にアウェーで勝ち点1はこれからの降格争いを考えれば悪くない。

|

« 速報大宮戦 | トップページ | 速報清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報広島戦:

« 速報大宮戦 | トップページ | 速報清水戦 »