« 速報新潟戦 | トップページ | 速報大宮戦 »

2011年6月 5日 (日)

速報ナビ山形戦

震災の影響でレギュレーションが変わったナビスコの初戦。日曜日の午後のまったり感がスカスカでメインアッパーを解放しないスタジアムの雰囲気と妙にあう。このままの調子だと降格争いのライバルとなる山形との試合であり、ここは勝っておきたいところ。
スタメンは
FWーエジ、高崎
MFーマルシオ、原口、柏木、啓太
DFー宇賀神、暢久、永田、峻希
GKー加藤
サブー山岸、平川、坪井、直輝、堀之内、達也、マゾーラ。2トップ継続、代表に選ばれたスビラに代わり暢久スタメン。セル、原が外れて達也、マゾーラがベンチ入り。主審は飯田。
前半、2ラインを敷いてきっちりと守る山形に対して攻め手が無い浦和というパターンは去年と変わり無し。高崎がDFの裏を取り、そこにボールが出ると相応のチャンスになるが、エジ以外の選手のフォローが遅い。マルシオ、原口はなかなか攻めに絡めない。
レフェリーが基本的には流しだが、何故か浦和に不利な判定多い。原口のシュートは相手DFに当たり決まったかに思ったが、なぜかオフサイドの判定。高崎に当たったの?
山形の攻めも浦和以上にひどく、長谷川狙ってのロングボールもままならず。両チームとも手詰まり感満載で、内容的には見るべきものなし。帳尻合わせ的に高崎が貰ったPKをエジが決めて、浦和が先制。
後半、マルシオのいきなりのミドルはクロスバー直撃、浦和はチャンスはあるがシュートを決めきれず。柏木→達也で打開をはかるが、マルシオが1列下がってボールに触れる機会が増えリズムが良くなる。
高崎→マゾーラ、マゾーラはボールに触ればシュートまでもっていく。更にエジ→直輝で4-2-3-1へ。最後は原口が左サイドからのカットインで追加点。
2ー0で勝ったが、途中暢久がぶっこ抜かれて危ない場面もあったが、加藤が何とかセーブ。引き分けに終わってもおかしくない内容だった。決める時に決めないと、こういう展開になる。山形のチーム状況は相当厳しい。まあ、一応無失点勝ちをよしとしなくてはならない。ただ、2トップのコンビプレーは出てきた。原口、マルシオだ絡めればまた違ってくる。

|

« 速報新潟戦 | トップページ | 速報大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ナビ山形戦:

« 速報新潟戦 | トップページ | 速報大宮戦 »