« 速報ナビ山形戦 | トップページ | 速報広島戦 »

2011年6月11日 (土)

速報大宮戦

ナック5でのさいたまダービー、今の浦和だとナック5スタジアムくらいのキャパでちょうど良い。
スタメンは
FWーエジ・高崎
MFーマルシオ、原口、柏木、啓太
DFー宇賀神、暢久、永田、峻希
GKー加藤
サブー山岸、平川、坪井、直輝、堀之内、達也、マゾーラ。2トップ継続、スビラに代わり暢久スタメン。セル、原が外れて達也、マゾーラがベンチ入り。主審は家本。
前半、2ラインを作ってスペースを消してくる大宮に対して攻め手無し。加えて、バイタルに侵入してくるラファエルにつかまえきれない。空中戦もラファエルに負けまくりだし。セカンドボールも奪えない。
案の定、サイドからのクロスにラファエルにやすやすと決められる。
高崎も裏にでる動きはあるが、今日はエジとの距離感が悪い。暢久はラファエルに負けまくり。原口もボールを持てば積極的に攻めるが、相手DFに囲まれてしまう。大宮の攻めもラファエル狙いの単調で退屈なものだった。
後半、高崎→達也で達也の運動量にかける。しかし、CKからあっさり失点。全く大宮に取ればゲームプラン通りの展開、浦和にしてみれば絶望的な展開となる。
しかし、家本さんの疑惑のPK判定。エジが決めて、以降浦和ペース。
暢久→スビラ、ラファエル対策ならなんで始めからスビラを起用しない。しかし、達也が動いて作るスペースにマルシオ、柏木が盛んに侵入してくる。啓太→マゾーラで攻めの圧力を強める。
原口のドリブル突破から超スーパーゴールで同点。マゾーラは個人技で何とかしてくれそうだが、チームプレイはさっぱり。
ダービーらしい気持の入った好試合で、原口、順大の奮闘は見るべきものがあった。しかし、次節よりU22で原口はチームを離れる。悲惨な結果が待っていなければ良いのだが。

|

« 速報ナビ山形戦 | トップページ | 速報広島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大宮戦:

« 速報ナビ山形戦 | トップページ | 速報広島戦 »