« 速報広島戦 | トップページ | 速報福岡戦 »

2011年6月18日 (土)

速報清水戦

現状の出来からすれば清水は降格争いを浦和と競るような出来のチームで、今日の試合はひとつの試金石かと思います。

スタメンは
FWーエジ
MFーマルシオ、柏木、達也
CH-啓太、暢久
DFー平川、坪井、永田、峻希
GKー加藤
サブー山岸、宇賀神、直輝、堀之内、梅崎、マゾーラ、原。機能しないエジワトップを継続、原が久々にベンチに戻る。主審は西村。

前半、清水の攻めも非常に微妙で、浦和がボールを支配すると展開となる。清水は前線からプレスを仕掛けてくるが、これもしょぼいので、一人かいくげれば、ゴール前までいえるが、そこから先が難儀、中央を固める清水DFに対して工夫が無し。
右サイドから峻希、達也で攻めるが、達也→エジ→マルシオのチャンスが一回あったくらいか。ボスナーに距離のあるFKを決められ失点。我慢出来ないペトロは、前半途中で坪井→原、柏木、暢久が1列下がる。ボールの回りは相変わらず。
後半、甲斐性のないペトロは啓太→マゾーラで更にバランスをくずしても攻めに出ることに。案の定、前がかりになったところをカウンターをくって失点。しかし、途中交代の梅崎が決めて1点差となり、今シーズンの流れからすれば、同点も望める戦いとなるが、ボスナーにFKから決められ、ジ・エンド。非常に後味の悪い1戦となる。次の試合の結果いかんでは・・・

|

« 速報広島戦 | トップページ | 速報福岡戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報清水戦:

« 速報広島戦 | トップページ | 速報福岡戦 »