« 速報柏戦 | トップページ | 速報鹿島戦 »

2011年5月15日 (日)

速報C大阪戦

ACL予選は突破したが調子が上がらないC大阪と、調子の出ない者同士の戦い。埼スタでの戦いが続いているが、ここで少しでも勝ち星を上げておきたいところ。
スタメンは
FWーエジ
MFーセル、マルシオ、原口
ボランチー柏木、啓太
DFー宇賀神、スビラ、永田、平川
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、暢久、梅崎、高崎、原。主審は佐藤。
前半、風の強いコンディションのなか、互いにパスが繋がらない。セル、原口のWGが1vs1で仕掛けられる体制にならない。それでも、中央でマルシオが繋いだボールに原口が反応、ドリブルで相手DFの間を抜いて先制。
C大阪がボールをつなぎだす。ただC大阪のパスの精度が低いのに救われる。中央からの乾の突破はシュートミスに救われる。しかし、2度目は啓太のミスしたボールを拾われ、清武にきっちりと決められる。
浦和の攻撃は手詰まり感ありあり。中央でパスを繋いで来る逆サイドにロングボールを入れないのか中途半端。
後半、スビラの空振り、マルチネス→清武のビッグ・チャンスあるがC大阪はシュートミスを連発。この時間帯に取られたら勝負ありの内容。
その後、浦和の時間帯になるが原口、セルの突破に頼るのみ、得点の臭いはしない。暢久、野田、高崎と交代するが、流れを変えられず。
C大阪は、その後も乾のビッグ・チャンスあるが決られず。結局、攻撃面では原口、セルの頑張りはあったが見るべきものはない。C大阪のシュートミスに助けられて、やっと引き分けた内容。
C大阪は内容は決して褒められたものではないが、決定機は作りだせているが、最後のシュートをミスしまくり。浦和はそこまでいけない、個人技でたまたまチャンスを作りだしている、というかたまたまそうなる、全くの偶然性に頼った攻めで得点出来るわけは無い。ペトロとコトビ、どっちが先に解任されるかの争いか。この流れは99年の流れにだんだんと似てきている。私的には危機感MAX100%ということろまで来ているような気がしてならない。

|

« 速報柏戦 | トップページ | 速報鹿島戦 »

コメント

啓太のプレーは予想通り。
あれ以外はよかったという人もいたけど、90分の中で1回もあってはいけないプレー。
いくら89分いいプレーしたとしても、意味無しです。

選手交代も意味不明。
交代枠3つのうち2つは梅と原で使うと思いきや、それをそれ以外の選手で3つ使うとは。
野田を出した時点で引き分け狙いが明白。

次の鹿島戦は名古屋戦のように何かがしっかりハマるのを祈るのみです。

投稿: kobatake | 2011年5月15日 (日) 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報C大阪戦:

« 速報柏戦 | トップページ | 速報鹿島戦 »