« 祖先帰り | トップページ | 速報ナビ山形戦 »

2011年5月28日 (土)

速報新潟戦

浦和アルビレックスvsアルビレックス新潟の注目のアルビレックス・ダービー。鹿島戦の終盤にやけくそ気味の2トップが当たったけど、確かにエジと回りの距離感良くなり、CHがボールを拾えだしたが・・・
埼スタはあいにくの天気でスカスカ、新潟の方が明らかに密度が濃い。
スタメンは
FWーエジ・高崎
MFーマルシオ、原口、柏木、啓太
DFー宇賀神、スビラ、永田、峻希
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、暢久、原、堀之内、セル。主審は広瀬。
前半、2トップになった分エジが前線で孤立することは無くなった。マルシオ、原口のとこでためが作れれば良いのだが、そこまては行かない。高崎が入ったことにより山岸のキックは早目になった気がする。
浦和はセットプレーから、体の柔らかさを生かしたエジのヘッドが決まる。その後、新潟に攻められるが、新潟のシュートミスに救われる。
前半終了前、セットプレーからの柏木のシュート、高崎のシュートと決定機あったが決めきれす。
後半、消化不良は否めず。双方ミスが多く、あんまりの内容。
浦和はだんだんと運動量が落ちると攻撃はしりすぼみになる。原、暢久投入するが局面の打開までいたらず。ただ、高崎、原が盛んに裏を取る動きをして、そこにボールがでるようになる。ごぼれたボールも拾えるようになる。
失点は山岸セーブしたが、中はドフリーで守備はまだまだ改善の余地あり。個人技だよりの糞サッカーからは一歩脱出感あり。

|

« 祖先帰り | トップページ | 速報ナビ山形戦 »

コメント

2トップは継続した方がいいと思いました。
ただ得点はしましたけど、やはりエジは駄目。
エジ以外の組み合わせの2トップを見てみたい。
原口がどフリー状態の高崎の枠にも飛ばないシュートが悔やまれます。
雨が降っててスリッピーとはいえ、山岸のファンブルもいただけない。
前線でエジやマルシオをボールキープしても誰もレポートに行かない、ゴール前で相手の攻撃を跳ね返しても歩いてる状態・・・かなり厳しいチーム状態ですね。

投稿: kobatake | 2011年5月28日 (土) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 祖先帰り | トップページ | 速報ナビ山形戦 »