« 一身上の都合 | トップページ | 速報柏戦 »

2011年5月 3日 (火)

速報横浜戦

前節の仙台戦で課題が明らかになった、というか浦和と戦う時は中央の守備を固めれば良い。相手の横浜の中央守備は仙台よりはるかに固い。それに如何に対応するか。

スタメンは
FWーエジ
MFー達也、マルシオ、原口
ボランチー柏木、暢久
DFー宇賀神、スビラ、永田、平川
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、啓太、セル、高崎、マゾーラ。仙台戦とおなじメンバー。主審は扇谷。

前半、浦和はシュートパスを中心にサイドから攻める。柏木が盛んにボールを前線に配給するが、中央守備の堅い横浜に対して、単純なサイド攻撃は中央ではじきかえされるパターン。守備は、スピラに安定感が出てきて、ラインコントロールも非常にコンパクトで、前線からのプレスが有効にきいていた。攻めは、前半より手詰まり感漂う。

後半、横浜は浦和のDFラインを突きだすと、浦和DFラインが下がると、横浜は中盤を支配しだす。中村にファールを与えFKからあっさり先制許す。マゾーラ投入するが、横浜守備網も前には単騎突破難しい。高崎投入して、2トップで前線拠点を作ろうとするが、全体のバランスを崩し、本当にあきれるくらいプアはカンターをくってジ・エンド。

|

« 一身上の都合 | トップページ | 速報柏戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報横浜戦:

« 一身上の都合 | トップページ | 速報柏戦 »