« 速報C大阪戦 | トップページ | 祖先帰り »

2011年5月21日 (土)

速報鹿島戦

鹿島サボから感謝されても・・・変更の英断をした自クラブの英断に感謝?あんな段幕上げられ、小笠原もいないし、いつもの鹿戦のようにテンション上がらず。ホーム鹿戦なのに、このスカスカは淋しい限り。MU席は明らかに、鹿の方が入っていた。
スタメンは
FWーエジ
MFーセル、マルシオ、原口
ボランチー柏木、啓太
DFー宇賀神、スビラ、永田、峻希
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、小島、原、高崎、マゾーラ。主審は西村。
前半、パスミスが多い浦和、それに付け込めない鹿島。浦和は柏木、マルシオが盛んにボールを貰いにくるが、攻撃に連動がない。原口がボールにさわり中に切れ込んで行くとチャンスらしいものは出来るが、攻撃は全く原口の個人技頼み。
鹿島も、増田、遠藤はチームにフィットしているとは言い難い。しかし、浦和のパスミスを拾われ、一度は防いだか、西のシュートは浦和選手に当たりゴールイン。
攻撃に関して言えば、判断が遅い。CKのチャンスも何度かあったが得点の気配は無し。
後半、啓太・セル→暢久・マゾーラの交代、更には柏木→高崎という、大博打のような交代でしたが、案の定マゾーラの守備の裏をつかれ、逆サイドに振られ、中は完全にドフリーで、0−2になった時点で勝負ありでしたでしょう。
しかし、いつもの鹿島ではありませんでしたね。原口のドリブル突破から高崎がゴール。左に回ったマゾーラがGKのニアを強烈なシュートでぶっこぬいて同点。
浦和はイケイケで逆転のチャンスもあったが、マゾーラの愚かなプレーで退場、後味のわるさが残った試合でした。結局は個人技だよりの究極の糞サッカーに見事な祖先帰り。

|

« 速報C大阪戦 | トップページ | 祖先帰り »

コメント

昔以上に酷すぎかと…
戦術以前に魂がないかと。
まずは原口に背番号9を!

投稿: さいもん | 2011年5月22日 (日) 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鹿島戦:

« 速報C大阪戦 | トップページ | 祖先帰り »