« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

速報新潟戦

浦和アルビレックスvsアルビレックス新潟の注目のアルビレックス・ダービー。鹿島戦の終盤にやけくそ気味の2トップが当たったけど、確かにエジと回りの距離感良くなり、CHがボールを拾えだしたが・・・
埼スタはあいにくの天気でスカスカ、新潟の方が明らかに密度が濃い。
スタメンは
FWーエジ・高崎
MFーマルシオ、原口、柏木、啓太
DFー宇賀神、スビラ、永田、峻希
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、暢久、原、堀之内、セル。主審は広瀬。
前半、2トップになった分エジが前線で孤立することは無くなった。マルシオ、原口のとこでためが作れれば良いのだが、そこまては行かない。高崎が入ったことにより山岸のキックは早目になった気がする。
浦和はセットプレーから、体の柔らかさを生かしたエジのヘッドが決まる。その後、新潟に攻められるが、新潟のシュートミスに救われる。
前半終了前、セットプレーからの柏木のシュート、高崎のシュートと決定機あったが決めきれす。
後半、消化不良は否めず。双方ミスが多く、あんまりの内容。
浦和はだんだんと運動量が落ちると攻撃はしりすぼみになる。原、暢久投入するが局面の打開までいたらず。ただ、高崎、原が盛んに裏を取る動きをして、そこにボールがでるようになる。ごぼれたボールも拾えるようになる。
失点は山岸セーブしたが、中はドフリーで守備はまだまだ改善の余地あり。個人技だよりの糞サッカーからは一歩脱出感あり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

祖先帰り

完全に個人技頼みの糞サッカーに祖先帰りしてしまいましたね。バスにより自ら主導権を取る事を目指したフィンケ・サッカー、ただし今まで浦和がやってきたサッカーとは180度の方向転換で、どう考えても短期間で結果が出るわけない。案の定フィンケは2年で解任。後任は監督経験の無いペトロ。
心配していた通り、ペトロの試行していたサッカーが見えないうちに、もうチームは暗礁に乗り上げてしまった。チーム戦術もなく、新しい選手、復帰してきた選手とも全く活かされておらす、原口の頑張りとマゾーラの個人技が目につく程度です。これは本当にやばいレベルに入って来ている。
今期の現実的目標は、J1残留でしょう。ただ、監督が現状を理解せずに、今のままなら本当にまずいでしょう。監督代えて、まずはJ1残留を目指すのが現実的か

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

速報鹿島戦

鹿島サボから感謝されても・・・変更の英断をした自クラブの英断に感謝?あんな段幕上げられ、小笠原もいないし、いつもの鹿戦のようにテンション上がらず。ホーム鹿戦なのに、このスカスカは淋しい限り。MU席は明らかに、鹿の方が入っていた。
スタメンは
FWーエジ
MFーセル、マルシオ、原口
ボランチー柏木、啓太
DFー宇賀神、スビラ、永田、峻希
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、小島、原、高崎、マゾーラ。主審は西村。
前半、パスミスが多い浦和、それに付け込めない鹿島。浦和は柏木、マルシオが盛んにボールを貰いにくるが、攻撃に連動がない。原口がボールにさわり中に切れ込んで行くとチャンスらしいものは出来るが、攻撃は全く原口の個人技頼み。
鹿島も、増田、遠藤はチームにフィットしているとは言い難い。しかし、浦和のパスミスを拾われ、一度は防いだか、西のシュートは浦和選手に当たりゴールイン。
攻撃に関して言えば、判断が遅い。CKのチャンスも何度かあったが得点の気配は無し。
後半、啓太・セル→暢久・マゾーラの交代、更には柏木→高崎という、大博打のような交代でしたが、案の定マゾーラの守備の裏をつかれ、逆サイドに振られ、中は完全にドフリーで、0−2になった時点で勝負ありでしたでしょう。
しかし、いつもの鹿島ではありませんでしたね。原口のドリブル突破から高崎がゴール。左に回ったマゾーラがGKのニアを強烈なシュートでぶっこぬいて同点。
浦和はイケイケで逆転のチャンスもあったが、マゾーラの愚かなプレーで退場、後味のわるさが残った試合でした。結局は個人技だよりの究極の糞サッカーに見事な祖先帰り。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

速報C大阪戦

ACL予選は突破したが調子が上がらないC大阪と、調子の出ない者同士の戦い。埼スタでの戦いが続いているが、ここで少しでも勝ち星を上げておきたいところ。
スタメンは
FWーエジ
MFーセル、マルシオ、原口
ボランチー柏木、啓太
DFー宇賀神、スビラ、永田、平川
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、暢久、梅崎、高崎、原。主審は佐藤。
前半、風の強いコンディションのなか、互いにパスが繋がらない。セル、原口のWGが1vs1で仕掛けられる体制にならない。それでも、中央でマルシオが繋いだボールに原口が反応、ドリブルで相手DFの間を抜いて先制。
C大阪がボールをつなぎだす。ただC大阪のパスの精度が低いのに救われる。中央からの乾の突破はシュートミスに救われる。しかし、2度目は啓太のミスしたボールを拾われ、清武にきっちりと決められる。
浦和の攻撃は手詰まり感ありあり。中央でパスを繋いで来る逆サイドにロングボールを入れないのか中途半端。
後半、スビラの空振り、マルチネス→清武のビッグ・チャンスあるがC大阪はシュートミスを連発。この時間帯に取られたら勝負ありの内容。
その後、浦和の時間帯になるが原口、セルの突破に頼るのみ、得点の臭いはしない。暢久、野田、高崎と交代するが、流れを変えられず。
C大阪は、その後も乾のビッグ・チャンスあるが決られず。結局、攻撃面では原口、セルの頑張りはあったが見るべきものはない。C大阪のシュートミスに助けられて、やっと引き分けた内容。
C大阪は内容は決して褒められたものではないが、決定機は作りだせているが、最後のシュートをミスしまくり。浦和はそこまでいけない、個人技でたまたまチャンスを作りだしている、というかたまたまそうなる、全くの偶然性に頼った攻めで得点出来るわけは無い。ペトロとコトビ、どっちが先に解任されるかの争いか。この流れは99年の流れにだんだんと似てきている。私的には危機感MAX100%ということろまで来ているような気がしてならない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

速報柏戦

ネルシーニョ体制となり戦術徹底している好調柏と、早くも迷走気味の浦和と対象的なチーム同士の対戦。
スタメンは
FWーエジ
MFー原、マルシオ、原口
ボランチー柏木、暢久
DFー宇賀神、スビラ、永田、平川
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、啓太、セル、高崎、マゾーラ。主審は飯田。
前半、試合開始直後に左サイドからのクロスをあっさりと北島に決められる。続いてカウンターからミドル喰らう。
かっちりと守備ブロック&前目からのプレスを作る柏に対して、浦和は早くも攻撃の手詰まり感あり。原、原口は頑張っているように思えるがチームとして攻めの工夫無し。SHのドリブル突破からしか攻め手無し。
後半、中盤が間延びして浦和の時間帯あったが、シュートに行けず。柏にいいようにやられる。後半は失点をよく1点に抑えた内容。
選手交代するが、内容は悪くなるばかり。ロスタイムにマゾーラ突破から原口が決めた事を前向きに捉えるしかない。浦和カモン!は虚しく響くのみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

速報横浜戦

前節の仙台戦で課題が明らかになった、というか浦和と戦う時は中央の守備を固めれば良い。相手の横浜の中央守備は仙台よりはるかに固い。それに如何に対応するか。

スタメンは
FWーエジ
MFー達也、マルシオ、原口
ボランチー柏木、暢久
DFー宇賀神、スビラ、永田、平川
GKー山岸
サブー加藤、野田、坪井、啓太、セル、高崎、マゾーラ。仙台戦とおなじメンバー。主審は扇谷。

前半、浦和はシュートパスを中心にサイドから攻める。柏木が盛んにボールを前線に配給するが、中央守備の堅い横浜に対して、単純なサイド攻撃は中央ではじきかえされるパターン。守備は、スピラに安定感が出てきて、ラインコントロールも非常にコンパクトで、前線からのプレスが有効にきいていた。攻めは、前半より手詰まり感漂う。

後半、横浜は浦和のDFラインを突きだすと、浦和DFラインが下がると、横浜は中盤を支配しだす。中村にファールを与えFKからあっさり先制許す。マゾーラ投入するが、横浜守備網も前には単騎突破難しい。高崎投入して、2トップで前線拠点を作ろうとするが、全体のバランスを崩し、本当にあきれるくらいプアはカンターをくってジ・エンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

一身上の都合

 ひょっとしたらしばらくは浦和戦を観戦出来ない事態に遭遇してしまいました。

更新の頻度は残念ながら少しペースを落とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »