« FIFAランキング | トップページ | J1代替スケジュール発表 »

2011年4月15日 (金)

長友vs内田

日本代表DF内田篤人が所属するシャルケ04(ドイツ)が、ホームで長友佑都のいる前回王者、インテル(イタリア)を2―1で破り、2戦合計7―3で初の4強入りを果たした。日本選手が欧州CLのベスト4に勝ち進むのは初めてで、準決勝は3季ぶりの優勝を狙うマンチェスターU(イングランド)と対戦する。内田と長友はともにフル出場し、内田は安定した守備で勝利に貢献した。
 昨季覇者インテルに2連勝し、シャルケ04が初の4強を決めると、本拠地はサポーターの大歓声に沸いた。試合後、長友が内田に歩み寄り、第1戦に続いてユニホームを交換。ともにサイドバックでフル出場した健闘をたたえ合った。世界最高峰の舞台で、日本選手初の準決勝進出の偉業に内田は「もともとやれると思うし、すぐに(続く選手が)出てきますよ。日本はもっとやれるというところを見せないと」と胸を張った。
 同じサイドで激しい攻防を繰り返した。前半8分に内田、後半20分に長友が攻め込む直接対決も何度か見られた。ともにチームへの貢献度は高く、周囲と連係の良さを見せた内田は自分のサイドに張り付くインテルのエース、エトーに仕事をさせなかった。両チームで最長距離を記録した豊富な運動量で攻撃に厚みも加えた長友は「後はウッチー(内田)に託します。もっと上に行かなければと、強い気持ちが芽生えてきた」と敗戦にも頼もしい言葉を残した。

|

« FIFAランキング | トップページ | J1代替スケジュール発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長友vs内田:

« FIFAランキング | トップページ | J1代替スケジュール発表 »