« 19年目の赤字 | トップページ | 速報名古屋戦 »

2011年4月23日 (土)

明日は名古屋戦

 東日本大震災より約1カ月半の時間が流れ、ようやく今日からJが再開することになりました。開幕戦では、新戦力のマルシオがチームに全くフィットしていないのと、DF陣の不安定さがやたら目立ちましたが、TM山形戦を見た限りでは、この辺にも修正が加わって来た印象はあります。
 マルシオとエジの距離感が良くなってきているので、マルシオを飛び越えての可能性のないロングボールは減ってきているに感じました。TM山形戦の1点目、左サイドからパスとドリブルで中で完全フリーのマルシオがシュート、ポストに嫌われたがすかさず達也がフォローしてマルシオがダイビングヘッドと見事な得点だった思いました。また、FKからも相手にあたるという幸運はありましたが、エジが決め、今年はセットプレーにも得点の匂いが感じるようになったかと。
 守備面は、スピラ、永田のCB陣で高さでは去年より安心感が出てきました。ただし、スピラのプレーはまだまだ心もとない感じがしております。どうも、フィジカルで相手に負けてしまう局面が多すぎるのが気になるところ。
 マゾーラはボールが渡るとさすがのところを見せてくれますが、ボールのないところの動きや守備では、まだまだですね。やはり、スーパーサブ的な起用となるのは止むをえないところです。
 啓太の出場停止によって、ボランチには暢久が起用されるようで、どこでもそれなりにこなしてしまう芸風には頭が下がりますが、ここで起用されない青山は厳しい。ボランチの層の薄さがきになるところ。

 一方の名古屋ですが、藤本、永井とか相応の補強しましたが、玉田、ブルザノビッチ、ダニルソンらが故障ですが、その穴はあまり感じさせない布陣です。ただし、去年活躍したケネディがいまいちなのかな。また、中村のワンボランチはバイタルにポッカリと穴をあけてしまう。ALCから4日で試合勘は名古屋に1日の長があります。名古屋に先制され、永井にカウンターを狙われると厳しい戦いになりますね。浦和にとっては先制が必須。また名古屋戦に相性が良い原口の活躍に期待したいところです。

|

« 19年目の赤字 | トップページ | 速報名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は名古屋戦:

« 19年目の赤字 | トップページ | 速報名古屋戦 »