« 相性の良い仙台戦 | トップページ | 一身上の都合 »

2011年4月29日 (金)

速報仙台戦

開催が心配された、アウェー仙台戦、新幹線、地下鉄も開通し、ユアスタでの開催、震災から50日Jが仙台にやって来た。
スタメンは
FWーエジ
MFー達也、マルシオ、原口
ボランチー柏木、暢久
DFー宇賀神、スビラ、永田、平川
GKー
サブー加藤、野田、坪井、啓太、セル、高崎、マゾーラ。主審は飯田。
前半、守備を固める仙台に対し、攻め手のない浦和、名古屋戦は中盤にスペースがあったが、中盤にスペースが無いため、マルシオにボールが渡らない。エジが孤立してしまうため、攻撃に繋がりがない。
DFラインからのフィードにもミスが多い。それを拾われてピンチになる。達也、原口も良いところなし。サイド際の競り合いから、こぼれた球にリャンが反応、リャンからのクロスを太田が決める。その後もゴールキックから、ゴールポスト直撃の大ピンチ。
しっかり守備ブロックを作ってくる仙台に対し工夫無し、低調な出来。
後半、達也→高崎交代、達也は怪我?いまいちペトロの起用が分からん。結局、2トップにしてパワープレーをするのでもなく、はなはだ消化不良の戦略。マゾーラ投入も守備ブロックを作る仙台の前になすすべ無し。守備ブロックうをつくられた相手に工夫がないのは、TMからの課題がそのまま残っている。

|

« 相性の良い仙台戦 | トップページ | 一身上の都合 »

コメント

続きませんね~。
ここ数年、勝てないと思ってた相手に勝っても、勝てると思っていた相手にアッサリ負ける。
いい加減に一皮むけて、相手が引いてもそれを崩せる武器なり策なり身につけてほしいです。
サッカーは守って勝てるスポーツじゃないけど、今のレッズが相手なら1点取って守ってしまえば,
勝てちゃいます。

投稿: kobatake | 2011年4月29日 (金) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報仙台戦:

« 相性の良い仙台戦 | トップページ | 一身上の都合 »