« TM、広島&流通経済大 | トップページ | 19年目の赤字 »

2011年4月20日 (水)

ACL④

 鹿島が東日本大震災後、初のホームゲームで執念の勝ち点1をつかんだ。震災によりカシマスタジアムが損傷したため、代替地として国立で行われた一戦。平日の昼間にもかかわらず、4619人の観衆が集まった。序盤から鹿島がペースを握ったが、徹底的に守備を固める水原に苦戦した。後半3分には韓国代表MF廉基勳に直接FKを決められ先制されたものの、同9分にFW田代有三の今季公式戦初得点となる同点ゴールで追いついた。だが、オリベイラ監督は「相手が守備的戦法をとってきた中で、さまざまな状況があったにしろ、我々は勝ち点2を失ってしまった試合だったと思う」と勝利を逃したことを悔しがっていた。

 F組の名古屋はソウルでFCソウル(韓国)に2-0で勝ち、通算2勝1分け1敗で勝ち点を7とした。FCソウルも勝ち点7。名古屋は前半に金崎のゴールで先制。相手の猛攻をしのぎ、後半にも隙を突いて永井が2点目を奪った。

 今日は仙台戦のチケット発売日、仕事が忙しくてレースになりませんでした。スカパー!観戦決定です。

|

« TM、広島&流通経済大 | トップページ | 19年目の赤字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL④:

« TM、広島&流通経済大 | トップページ | 19年目の赤字 »