« 帰宅難民帰還 | トップページ | J再開メド立たず »

2011年3月12日 (土)

一夜明けて

 凄い地震でしたね。私はこれで、阪神大震災と今回の大地震と2度経験したわけで、生きているうちにもう2度と大地震に会うことは無いことを願うのみです。
 阪神大震災では、寝起きの時間帯に襲われ家族が自宅に一番一緒にいる時間帯でしたが、今回は14:30頃で外出している可能性が多い時間帯でした。我が家も地震発生当時には自宅には誰もいなかった。阪神大震災当時より、携帯の普及により通信手段は発達したわけですが、携帯は役に立たなかったですね。電話もメールもダメ、会社の「あんぴくん」なるシステムも家族の安否の確認出来るが、ログインIDがわからず結局家族向けには使えず。かみさんは大宮から徒歩で、娘は大宮からバスで帰ってきました。娘はバスに乗るまで1時間半かかったそうですが、その位の並びはなんともなかったようで、さすがに「うぃあ~」は並びには強い。
 今回の地震は津波の怖さを再確認させてくれましたね。阪神大震災は直下型だったので、建物の崩壊と火事で被害は広がりましたが、今回は津波でしょうね。一瞬にして、町を飲み込んでしまう津波恐ろしいですね。地震のゆれがおさまり、すぐに来るとなると高台に避難出来る環境にないと大変なことになるような気がします。
 そして今回首都圏で問題となったのは帰宅難民ですね。徒歩で帰れる距離は20Kmということですが、時速4㎞で5時間?これは私は無理だな。運動不足の私的には2時間が限界だと思います。川口ー浦和で2時間、浦和ー大宮で2時間、大宮ー上尾で2時間とすると、とても職場からは歩いて帰れる距離ではありません。幸いなことに昨日は、会社の営業用車両に同一方向の人が分乗して帰りました。川口ー与野ー上尾ー熊谷というルートで私は中途で上尾で降りました。9時に出発して、R122経由でさぎ山、西高通りを経由して、R17バイパス→中仙道経由でいったわけですが、都心に向か主要道路は大渋滞でしたね。都心で帰れない家族を迎えにいく方の渋滞なのですかね。
 下りの道路は大きな渋滞は起こっていませんでした。ただし、吉野町インターまではすんなり行けましたが、上尾以北は停電で道路は大渋滞、コンビニも閉鎖されていました。私は2時間で上尾に到着したわけですが、その先熊谷まではどれほどかかったのでしょうか。

|

« 帰宅難民帰還 | トップページ | J再開メド立たず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明けて:

« 帰宅難民帰還 | トップページ | J再開メド立たず »