« 長友初ゴール | トップページ | 山形戦チケット »

2011年3月 9日 (水)

W杯アジア予選ランキング

AFCは8日、2014年W杯ブラジル大会アジア予選に適用するランキングを公式サイトで発表し、1月のアジア・カップを制した日本が1位となった。前回のW杯南アフリカ大会と同予選の成績を基にランク付けされ、韓国が2位、オーストラリアが3位、北朝鮮が4位で続いた。
この結果を見る限りW杯に出場し、結果を残すという事が重要のようだ。シード上位4ヶ国はW杯出場、日本・韓国は予選リーグ突破した。1、2位の差はアジアカップの成績という事でしょう。
東アジアの国が上位を占める結果となりましたが、中東勢の地盤沈下は激しい。5位以下予想すると、ウズベキスタン、イラン、カタール、そしてサウジアラビアかイラクなのでしょうか?
とにかく日本はトップシードなので、おそらく最終予選でも韓国とオーストラリアとは同組になることはないと思われますので、非常に良い発表となりました。

|

« 長友初ゴール | トップページ | 山形戦チケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯アジア予選ランキング:

« 長友初ゴール | トップページ | 山形戦チケット »