« 日本アカデミー賞2011 | トップページ | PSM 大宮戦(2/20@Nack5スタ) »

2011年2月20日 (日)

速報大宮戦

開幕前の大宮とのさいたまシティカップ、海外のチームを呼んでの顔見せ興行よりははるかにましです。ナック5スタジアムも非常に見やすく、開幕前の練習試合としては良いアイデアだと思います。
さてペトロ体制となった浦和、去年までフィンケのやり方を変えての一からのやり直しぽい戦術、それがどれだけ浸透しているか確認したいところです。
スタメンは
FWーエジ
MFー原口、マルシオ、達也
CHー柏木、啓太
DFー宇賀神、永田、暢久、平川
GKー山岸
サブは加藤、坪井、野田、青山、マゾーラ、セル、原。今日一番注目していたマゾーラはベンチ。主審は今村。
前半、SHを起点に攻めるのは相変わらず。達也、原口はドリブラーなんで良い形でポールを持ち出せばチャンスになる。達也は相手DFに抜け出してチャンスを作る。原口は、イマイチというか、原口が単独て攻められない時のきめごとはどうなっているのか。ボランチに戻すでもなく、マルシオを生かすでもない。全体的にマルシオが活かされていない印象がしました。
永田はまあ無難な出来でしょうか。暢久との相性は悪くない。柏木も盛んにボールを散らしていたが、マルシオとのコンビネーションは無し。
後半、立ち上がりは浦和のペースかと思われたが、セットプレーからのこぼれ球を山岸弾くも失点。達也、原口、柏木→セル、マゾーラ、原と交代、マルシオがボランチに下がる。
暢久、PK取られて退場で勝負あり。それでもマゾーラの個人技であわやの場面を作るが、やはり3バックでは厳しい。カウンターから3点目を奪われおしまい。
マゾーラ頼みのチームか、マゾーラいなければ普通に弱いチームという印象。

|

« 日本アカデミー賞2011 | トップページ | PSM 大宮戦(2/20@Nack5スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大宮戦:

« 日本アカデミー賞2011 | トップページ | PSM 大宮戦(2/20@Nack5スタ) »