« 中東情勢不安 | トップページ | ゼッロクス杯 名古屋vs鹿島 »

2011年2月25日 (金)

負の連鎖

随分と暖かくなり、春の気配もかなり感じられるようになりました、今週末、栃木SCとのトレーニングマッチをへて、来週にはいよいよシーズン開幕となります。
ペトロに監督が代わり、去年までのやり方を一気に方向転換しました。オランダ流のウィング攻撃するにはロッベンのようなプレーヤーがいないと厳しいのかなというのが、今までの試合を見てきた感想です。ただし、マゾーラが入ると違う。今の陣容を考えるとマゾーラ頼みのサッカーに頼らざるを得ない。これが浦和のサッカーというのは、個人頼りの前後分断サッカーという事なのですね。見事な祖先返りですね。
マゾーラ頼りのサッカーが機能してくれると良いのですが、世の中そんなに甘いと思います。開幕でつまずいて負けが込むようだと、あっさりとペトロ解任で迷走状態に陥り、降格争いに巻き込まれる。そんな過去たどってきた負の連鎖に陥ってしまうのではないか、そんな感覚に教われます。ひょっとして、そんな負の連鎖が『これぞ浦和のサッカー』という事なのでしょうか?

|

« 中東情勢不安 | トップページ | ゼッロクス杯 名古屋vs鹿島 »

コメント

そうかもしれません。ということは結末は…。
歴史を繰り返したくないですね!

投稿: さいもん | 2011年2月25日 (金) 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負の連鎖:

« 中東情勢不安 | トップページ | ゼッロクス杯 名古屋vs鹿島 »