« 明日は大宮戦 | トップページ | 速報大宮戦 »

2011年2月19日 (土)

日本アカデミー賞2011

第34回日本アカデミー賞」の授賞式が18日行われ、「悪人」が今年最多の5冠を獲得。最優秀主演賞&助演賞の主要賞に加え音楽賞に輝いた。主演男優賞の妻夫木聡(30)、同女優賞の深津絵里(38)、助演男優賞の柄本明(62)、同女優賞の樹木希林(68)の4人で、俳優部門の総なめは第20回の「Shall we ダンス?」以来14年ぶりだ。
 携帯サイトで知り合った女性を殺した後、深津演じる店員と出会って本当の恋を知り警察から逃げる土木作業員を演じた。妻夫木にとって、原作小説にほれこみ自ら出演を希望した作品で「12年間役者をやってきた中でも、全身全霊をつくした作品。自分らしさって何なのかを考え、自分を信じてやってきた集大成の作品です」と言葉に力を込めると、「ありがとうございました」とうれし涙。深津は「妻夫木さんと一緒にいただけたことが、とても大きな財産になりました。後で(妻夫木と)抱き合って喜びたい」と“カップル受賞”に声を弾ませた。
 大方の予想通り、悪人でしたね。しかし、ラビット関根の司会は勘弁してもらいたい。また、きききりんはもう出ないで、ユーモアのセンスのかけらも感じない。

|

« 明日は大宮戦 | トップページ | 速報大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本アカデミー賞2011:

« 明日は大宮戦 | トップページ | 速報大宮戦 »