« PCM 鳥栖戦(2/13@ベアスタ) | トップページ | 練習試合 京都戦(2/14@指宿) »

2011年2月14日 (月)

ペトロ体制

PSMの第一戦となった鳥栖戦、やはり厳しい結果になってしまった。監督が代わりまた1から土台作りをしていく、そんな感じなのでしょうか。
過去にもチッタ→オフトと厳しい時期はありました。一応、ペトロはフィンケのパスサッカーは継承しているとは思っていました。そこへオランダ式のウィングからのサイド攻撃を絡めていくという印象でした。実際、ボランチのところからサイド・チェンジのパスはでていましたが、それはパスの精度があって成り立つもので、啓太、青山あたりのパス能力だと厳しい。
パスが繋がらければ、相手のレベルにもよるがボールの蹴り合いになってしまう事も有り得る。となると、マルシオにボールが渡らず、マルシオが消えてしまうんだよな。これだと何の為にマルシオ取ったのかわからない。
相手DFが薄いうちにサイド攻撃を仕掛けて行くという事でしょうが、これだと中がエジ一枚という事が多くなってしまう。また、ボールを奪われた後のカウンターに対する守備も徹底されていない感じがします。昨日のメンツにもよりますが、攻めに関して言えばマッタリ感は色濃い、守備は去年と変わり無しという印象でした。今年も辛抱の年になりそうです。

|

« PCM 鳥栖戦(2/13@ベアスタ) | トップページ | 練習試合 京都戦(2/14@指宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペトロ体制:

« PCM 鳥栖戦(2/13@ベアスタ) | トップページ | 練習試合 京都戦(2/14@指宿) »