« Nack5スタに行ってきた | トップページ | 中東情勢不安 »

2011年2月23日 (水)

マゾーラ考

トレーニングマッチで見ている者を引き付けるプレーヤー、それはマゾーラに違いないでしょう。ボールを受けたら、たとえ複数のDFに囲まれてもあっというまに相手を置き去りにする、そのスピードのすざましい事、見ている者から感嘆のどよめきがおこる。特に左半身で前を向かれたら相手は絶対なボールを奪えないでしょう。
浦和はパスを繋いで組織的に相手DFを崩すという方向を転換したが、なかなか上手くいかなかった。マゾーラのような絶対的な選手を手に入れてしまうと、『●●頼みの●●サッカー』へ祖先返りになってしまいそうな予感がします。
マゾーラが単独でもっていけるうちは良いのですが、マゾーラを囮に使う、開いたスペースを使えるようにしなければと思います。全然、マルシオが生かされていないので、マゾーラ囮でマルシオを生かすプレーが必要だと思います。
マルシオは動いてスペースでボールを受けるタイプなので、足元でボールを受ける浦和はスタイルには相性悪く、なかなかボールが渡らない、今朝の日経でいう、1アクション3リアクションがないからですね。そういうプレーが必要となってきますね。

|

« Nack5スタに行ってきた | トップページ | 中東情勢不安 »

コメント

マゾーラを軸に、空いたスペースを使う作戦が一番有効!だからまわりの選手の連携を磨かないといけないですね。マルシオ、柏木、達也とか駒はあるので、監督は選手個々の能力を見てポジションを定め、まとは「気付く」まで待つことですかね。

投稿: さいもん | 2011年2月23日 (水) 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マゾーラ考:

« Nack5スタに行ってきた | トップページ | 中東情勢不安 »