« 都築引退、マゾーラ獲得 | トップページ | 江 »

2011年1月30日 (日)

アジア杯決勝豪州戦

 いやいやお見事の一言に尽きますね。準備期間の無いなか、そして怪我人続出でしたが、監督の繰り出す作戦が次々に大当たり。それに応えた選手も立派でした。
 調子を上げてきた香川が怪我で離脱、代わりに入ったのは藤本でした。しかし、藤本は昨日してたかというと、厳しいものがありました。攻撃はケーヒルとキューウルの2人にまかせ、あとの8人で2ラインを素早く築いて、スペースを与えてくれない豪州の守備に、ボールはキープしているがなかなか、ここぞというところにボールは入りませんでした。
 前田への縦パスは複数人で狙われ、なかなか通らないので前線で起点が作れないから、サイドのボールが回っても数的優位がつくれないから、長友、内田の個人技にとる突破に頼らざるを得ない。岡崎はスペースがあってなんぼの選手だから素早く2ラインをつくる豪州DFの前に有効な動きは出来ず。となると、本田のキープ力なのですが、そこは豪州も狙い通り、香川がいあい分、本田に厳しくプレッシャーをかけてきました。
 豪州は前線の2トップめがけてロングボールを蹴って来て、そのセカンドボールを拾っていく戦法なのは分かり切っているのですが、やはり体力的には豪州が一枚上手。前半は無難に対応していましたが、高さでは不利なのは明らかでした。
 後半に入ると、その辺を考慮して、この日機能していなかった藤本→岩政の交代で早目に3バックにするのかと思ったら、長友をSHに挙げて、今野をSBにまわす戦法でした。体力十分で豪州DFに対しても1対1なら負けない、無尽蔵の体力を持つ長友を上げた戦力はあたり、結局ここから決勝点は生まれました。
 代わった岩政も、キューウエルへの対応を誤りフリーで抜けだされる場面がありましたが、川島の好セーブでことなきを得ました。豪州を無失点に抑えることが出来たのは、DFのふんばりというより、川島の奮闘によることが大きかったですね。
 豪州もあの面子で2トップのケーヒル、キューウェルめがけてのロングボールという戦略はどうなんでしょうか?オジェックは、浦和で指揮取った時の、○●頼みの糞サッカーと言われましたが、それを彷彿させていました。ケーヒルもキューウェルも30歳杉でさすがに最後のほうはガス欠というような感じになってしまいましたね。体力任せの戦力はアジア・レベルでは通用するでしょうが、その先どうなんですかね。日本、韓国のように素早くボールを動かしていく戦いをすれば、豪州は今がピーク、2トップが引退してら衰退していくような気がしてならない。また、GKのシュウォーツワー、試合開始直後のプレーで芝生に足を取られ完全に膝を痛めたと思いましたが、その後なんともないようにプレーに、大柄なのに素早い身のこなしには脱帽しました。彼も38歳でしたっけ。
 大会前は、準備期間少なく、DFも闘莉王・中澤のCBがいなくて不安視されていましたが、前評判は高くありませんでしたが、それを跳ね返しての優勝。それも、ロスタイムでの同点劇から始まり、川島退場となったシリア戦、サウジは相手が全くモチベーション下がっていたので大勝でしたが、決勝トーナメントでも地元のカタールに対して先制されその後数的不利になったがそれをひっくり返しての逆転、準決勝の韓国戦もPK戦の死闘を制する。過去3回アジア杯を制しているが、今回は一番価値ある優勝では無かったでしょうか。前回優勝の中国大会も厳しい戦いでしたが、決勝トーナメントの相手がヨルダン→バーレーン→中国であったのに、今大会はカタール→韓国→豪州と撃破してきた相手に差があったと思います。
 この優勝でコンフェデ杯の出場資格を得る。これは、W杯を前に非常に良い効果を得ましたね。それと、今後はコパアメリカにも出場予定とのことで、南米の強豪国あいてにどんな戦いするか楽しみです。
 今回の開会で中東勢の地盤沈下が激しかった。豪州はベテラン揃いですので、アジアは日本と韓国の2強という状態がしばらく続くのでしょうか。

|

« 都築引退、マゾーラ獲得 | トップページ | 江 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯決勝豪州戦:

« 都築引退、マゾーラ獲得 | トップページ | 江 »