« プラズマ・クラスターはシャープだけ! | トップページ | 移籍情報 »

2011年1月10日 (月)

代表アジア杯ヨルダン戦

 ザックジャパンになっての初めての公式戦。しかも、直近韓国戦からは3カ月近く経過しており、また選手によっては天皇杯まで戦った選手におり、選手のコンデションに非常にばらつきがあった印象でした。
 スタメンは、
FW -前田
OMF -香川、本田、松井
ボランチー遠藤、長谷部
DF -長友、吉田、今野、内田
GK -川島
 引いて守備を固める相手に対していかに攻めるか、これは去年の浦和の戦いを見ているのと同じ印象でした。パスは相手DFの前にして回りますが、肝心とこをつくいわゆるリスク・チャレンジなパスは無い。さりとて、サイド攻撃を仕掛けるがクロスの精度が悪く中のプレーヤーにはまったく合わない。そして、セットプレー、特にCKから得点の匂いがしない。そこしているうちに、カウンターで失点と、本当にいらいらする内容。ただし、浦和と違うのは、最後に同点に追いつき、勝負強さというか悪運は強かったということでしょうか。
 ワントップに起用された前田ですが、ボールが回って来ずちょっと気の毒という気はしましたが、これではお話にならない。前半で変えられたのは、止む無し。代わりの李は更にひどい。ボールが足についていない。森本不在のFWは厳しい。また、トップ下に入った本田もながれの中ではチームに噛み合わず、頼るのはFKのみ。松井は自己ちゅう的なドリブルに走ってしまい、攻めの連動性というのは、前田スルーから香川が抜け出した場面くらいでしたか。
 香川はさすがにブンデスで結果をだしており、動きまわってスペースをつくる役割に徹していた感がありました。もう少し香川がボールに触れると違った展開になったのかもしれません。長谷部は前線に飛び出してチャンスメークして、そのかわりに遠藤が引いているということなのですが、遠藤の守備は軽いというのか、実力差があるのは分かり切っているのだからもう少しドンと構える必要があった。失点場面も、左サイドでDFがかぶり、中に侵入してきた選手に安易に飛び込みシュートをうたれる。これが失点につながってしまいました。
 ヨルダンの守備は日本を研究している印象で、陣形を非常にコンパクトにして、前からプレスをかけてきて、中にボールが入ってくると、ここで人数をかけて潰しにかけてきました。日本もミドルをうつとか工夫がありませんでした。
 圧倒的にボールを支配して、フィジカルでも日本が圧倒的に優位なのですが、なかなか得点が生まれない。最後にパワープレーに出て、終了間際に吉田がヘッドを決めて辛くも引き分けに持ち込みました。終わってみれば、吉田祭りということですか。前半の長谷部のシュートをGKがはじたところを押し込んだのは惜しくもオフサイド。失点も、相手のシュートはGK正面に飛んでいましたが、吉田が余計なとこで足をだすから、足にあたりゴールイン。記録は吉田のオウンゴール?。そして最後の同点シュート。A代表初出場にして、いろいろなことをやってくれました。
 次の相手はシリア。シリアはサウジに2-1で勝利。日本とサウジが決勝リーグ進出とおもっていましたが、シリアは結構強いじゃね?予選でも、中国の上で一位抜けしているし、次が予選リーグ突破にむけて大事な試合となる。選手のコンデション、連携とか取れない中で、内容はともあれ決勝リーグに進出すればそれなりに出来に戻ってくると思っていましたが、シリア戦の結果いかんによってはピンチになりことも十分にある。

|

« プラズマ・クラスターはシャープだけ! | トップページ | 移籍情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表アジア杯ヨルダン戦:

« プラズマ・クラスターはシャープだけ! | トップページ | 移籍情報 »