« 2011背番号決定 | トップページ | 宮崎キャンプスタート »

2011年1月23日 (日)

アジア杯QFカタール戦

 勝利したことをまずは称えねばならない一戦でした。一人少なくなった直後のFKで失点、これは完全に負けパターン、そこから良く逆転までもっていけました。日本のエースとして期待されていた香川に切れが戻ってきたのが何よりでした。しかし、まだまだミスが多い、日本の3得点にすべて絡んでいってのはさすがでしたが、まだまだ彼の実力を出しているとは言い難い。
攻撃陣には、切れが戻って来た感じはしますが、守備陣にミスが出ました。吉田の退場場面でアフターのプレーでカードを出されたとおもいますが、ボールを失ったプレーが自らのパシミスで頭に血が上り余計なことをしてしまったのかもしれませんが、あれは絶対にやってはいけないプレーです。
 また、その直後のFKからの失点、壁は一人しかおらず、しかもニアを抜かれて、川島がキャッチにしたのはゴールの中ではお話にならない。川島はどうなんですかね、W杯では当たりまくっていましたが、いまいち印象に残るGKではないし、欧州にいってから弱小チームなのかもしれないが、失点しまくりで代表の正GKとしては?という感じがします。

しかし、それより困ったのは主審を務めた猿顔男、余りのレベルの低さ。これがアジアと言ってしまえばそれまでだが、東南アジアの方が主審を務めるのは止めた方がアジアのレベルアップにつながると思います。

|

« 2011背番号決定 | トップページ | 宮崎キャンプスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯QFカタール戦:

« 2011背番号決定 | トップページ | 宮崎キャンプスタート »