« 今日は韓国戦 | トップページ | 浦和改革始動 »

2011年1月26日 (水)

アジア杯SF韓国戦

いや、手に汗握るというか、痺れる日韓戦らしい戦いでした。結局決着がついたのはPK戦でしたが、勝負のあやは本田が外したPKを細貝が詰めて決めた事でした。このプレーで気まぐれな勝負の神様は日本の見方になったかのように、PK戦の1、2本目は川島がジャストミートのセーブ、3本目長友が外したのにも関わらず、お付き合いするように韓国もミス、韓国はPK戦で1本もきめられないという、まさかの展開でした。
日本のスタメンは出場停止の吉田に代わって岩政、後はカタール戦と同じメンバーでした。注目はカタール戦で調子を取り戻した香川、韓国はクでしたが互いに良いプレーはするが、チームの中心というにはプレーの出来にむらがあるという印象でした。
前半は日本の時間帯、日本はサイドからの攻撃が効果的、韓国のチャドーリの上がったあとを効果的についていた。しかし、ロングボールからのパクチソンと今野の競り合いを今野のファールを取られPK判定、今野はボールには行ってはいなかったが、あれがPKではちと辛い。 ただし延長でお返しはもらったが。
韓国はロングボールを前線にけりこんで、セカンドボールをパクチソンなりが拾い、ゴールに向かうという戦法を多用しついたが、精度のあるロングボールが蹴れるイジョンスがいなかったのは日本にとってラッキーでした。
日本は左サイドから崩し、長友のクロスを前田が押し込んで先制、完全に韓国DFを崩しきっての得点でした。その後も日本の時間帯でしたが追加点が奪えればよかったのですが。
後半は完全に韓国ペースでしたが、日本DF陣は落ち着いて対応し危ない場面はありましたが、決定機は作らせませんでした。韓国はパクチソンがボールを持ち、スピードをつけゴールに向かわれると怖いが、若手は、まだまだていう印象でした。

|

« 今日は韓国戦 | トップページ | 浦和改革始動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯SF韓国戦:

« 今日は韓国戦 | トップページ | 浦和改革始動 »