« 移籍情報 | トップページ | さあ、後はゆっくりと正月へ »

2010年12月25日 (土)

天皇杯QF G大阪戦(12/25@万博)

 2年間にわたるフィンケのグレート・ジャーニーもいよいよ終戦を迎えてしまいました。小雪舞い散り、風も強い寒いなか厳しい戦いでしたが、内容的にはG大阪に完敗でした。

FWーエジ、ポンテ
MFー峻希、柏木、細貝、堀之内
DFー宇賀神、坪井、濱田、岡本
GKー山岸
サブは加藤、平川、堀之内、啓太、直輝、原口、セル、達也。達也、直輝がベンチ入り。スタメンに堀之内、柏木が前目。主審、東城。

 前半、寒さと強風のせいか動きにぎこちなさが目立つ。一応攻めてはいるが、カウンター狙いで省エネ気味のG大阪だが、攻守の切り替えは早い。あっという間に、ゴール前に選手が顔を出してくる。浦和はこねくり回しながらというか、ボール回しの割ににはゴール前の選手が少ない。サイドからいい形になったと思ったらエジがサイドに流れていたりとチグハグな印象を受けました。
 柏木は前目ぼポジションでしたが、なかなかいい形でボールが収まらない。頑張っていたのが峻希でした。右、左とさかんにポジションを変え浦和の攻めの起点となっていました。G大阪はルーカスにボールが収まりだすと、だんだんとペースを握る。右サイドから安田に決定的なかたちを作られるが、クロスバーに救われる。
 後半に入っても、状況は好転せず。堀之内が負傷により啓太と交代、これが結果的には今日の勝負のあやでした。堀之内の今日のスタメンには驚きましたが、可も無く不可でみ無い、ぼちぼちの出来ですたが、啓太の出来はあんまりでした。どうも、啓太にボールは回ったところで、浦和の攻めがペースダウン、来期以降のフォーメンションを考えると非常に暗澹とした気持にしてくれる出来でした。
 G大阪のロングパスからのカウンターに暢久がハンドでFK,遠藤のFKは壁をまいて見事にゴールイン、この1点で勝負ありという感じの失点でした。しかし、細貝→セル、峻希→達也で反撃に出る。細貝は気合が空回りという感じでしたね。この交代によってボールの回りは良くなる。達也が遠藤に削られて、一瞬エアポケットのようになった好きをついて、宇賀神が左サイドから中に切れ込んで鮮やかなミドルを決める。しかし、このプレーの代償はあまりに痛かった。達也はこのプレーで故障、浦和はのこりの試合を10人で戦うことになり、勝ち目は無くなりました。堀之内の交代が痛かったですね。G大阪ほ交代枠に余裕を残し、満を持して登場した宇佐美が決勝点を決めたのとは大違いでした。

 フィンケの2年にわたるグレート・ジャーニーは終わったわけですが、これを生かすも生かさないも最終的には選手の活躍によるわけです。しかし、今日の選手は本当によくファイトしていました。気持ちで負けてしまったら、勝てる相手にも勝てません。感傷的に成らざるを得ない試合だったかもしれません、その影響だったのかも知れません。しかし、気持ちの面ではG大阪に引けを取らずファイトしていたかたと思います。その気持ちは来期につなげて行って欲しい。

|

« 移籍情報 | トップページ | さあ、後はゆっくりと正月へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯QF G大阪戦(12/25@万博):

« 移籍情報 | トップページ | さあ、後はゆっくりと正月へ »