« さあ、行こうぜ! | トップページ | 【工事中】第33節 川崎戦(11/27@等々力) »

2010年11月27日 (土)

速報川崎戦

横浜戦の大勝でチームの雰囲気も変わって来た。そして相性の良い、等々力での試合ですのでこの流れは継続しておきたいところ。
スタメンは
FWーエジ、サヌ
MFー峻希、ポンテ、柏木、堀之内
DFー宇賀神、坪井、暢久、岡本
GKー山岸
サブは大谷、平川、濱田、細貝、啓太、原口、セル。スタメン・サブとも前節と変更無し。主審、飯田。
前半、立ち上がりいきなり集中力の欠いたプレー、クロスあげた選手、シュートを決めた選手とのフリーという、まったくもってアホな対応で失点。何で、良い流れを自ら消すようなことをするかね。
川崎はここで引いて来たので、浦和のそれなりにボールをキープできるようになるが、最後のところのアイデアに乏しい。この日はポンテもミスが多く、決定的なチャンスも持って行けない。ジュニーニョのカウンターで危ない場面も。
 後半、堀之内→細貝に交代で運動量が高まり、浦和が次第にゲームを支配し出す。峻希は相変わらず鋭いクロスを繰り出す。サヌ→セル、セルのキープ力が生かされる。セルは相手に囲まれて、ボールをロスチしたかに見えるが、またそれが自分のとこに戻ってくる。
 ポンテのまた抜きパスから、セルがGKの頭越しにシュートを決めて同点。その後は、浦和が中盤を制し、ゲームを支配。皆セルに影響されたかのように、ボールをなかなかロストしなくなった。結局、同点のまま終了。どうにかしてやるという気迫伝わる試合だった。

|

« さあ、行こうぜ! | トップページ | 【工事中】第33節 川崎戦(11/27@等々力) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報川崎戦:

« さあ、行こうぜ! | トップページ | 【工事中】第33節 川崎戦(11/27@等々力) »