« 歴史は繰り返すのか? | トップページ | 喪中 »

2010年11月30日 (火)

砂の器

 作っては壊し、また作っては壊す、この繰り返し。まれに反則まがいのスーパーFWがいて、たまたまアジアNO.1まで上り詰める事が出来た。しかし、それは砂の器、本当に壊れやすい、全く自分の形をもっていない。
 これだから、2年前にフィンケが就任して、チームの土台作りを始めることには大いに期待した。若手を積極的に登用して、その良い面とわるい面とも両方とも見せてくれた。しかし、そんな期待もわずか2年で捨て去ってしまった。浦和は中長期的な視点に立って、チームを強化していくことなど、もはやあり得ない。
 これだけのサポがいるのに、ちょとネガティブな意見が入ってくると、監督を守ってやれないフロントは一体どういうことなんでしょうね。噂では、またOBを持て来るとか。オフトのときには、エメがいたから、ギドが初任の監督になっても好成績を残すことは出来た。確かにチームの基盤的なものは出来た。しかし、それが継続される可能性は少ない。また新監督で成績が上がらないなら、またあの暗黒時代の場当たり的な方向に進んでしまう可能性は大きい。
 マスゴミがネガティブ・キャンペーンを張っているときに、盾となって監督を守って行こうとする幹部はいたのか?守るどころか、その話にのって監督更迭の方棒担ぎをやった関係者がいる?
 浦和にも事業仕訳が必要ですな、特に人材の。出向とかで他所の会社からやって来て、したり顔で物をいっている輩、こういう方にもお引き取り願いたい。ひょっとすると、今日は分水嶺にあたる日なのかもしれない。しかもその方向は迷いの森をめがけているような気がしてならない。

|

« 歴史は繰り返すのか? | トップページ | 喪中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂の器:

« 歴史は繰り返すのか? | トップページ | 喪中 »