« スカパー!観戦 | トップページ | 第32節 横浜FM戦(11/23@日産スタ) »

2010年11月23日 (火)

速報横浜戦

重苦しい雰囲気での試合となりました。お互いにチーム状態が上がらないチーム同志の対戦。浦和も選手がいないが、横浜はそれ以上
スタメンは
FWーエジ、サヌ
MFー峻希、ポンテ、柏木、堀之内
DFー宇賀神、坪井、暢久、岡本
GKー山岸
サブは加藤、平川、濱田、細貝、啓太、原口、セル。宇賀神がスタメン。細貝ベンチ入り、主審、吉田。
 前半、立ち上がりCKからのこぼれ球をポンテが見事なミドルを決め先制。その後は横浜にポゼッションを奪われる。特に右サイドの松本のスピードあるプレーに峻希、岡本は守備での対応に追われる。俊輔にはバイタルでは厳しくいって、自由にさせない。だんだん、俊輔は後ろにさがり怖くなくなくなる。横浜は浦和以上にチーム状態は悪い。FWの小野はそれなりに頑張り、岡本との同期対決は見所あり。
 横浜は守備での連動性なし、バイタルでも厳しく守備に来ないので、ポンテは余裕を持って前をむいてボールをさばく時間が増えてくる。カンターから、峻希がキープして、エジ→ポンテのミドルがまた決まる。前半、ロスタイムにサイドからの攻撃で、クリアボールが相手へのパスとなり失点、嫌な感じで前半終了。
 後半、柏木に代え細貝、これが当たり、立ち上がりの時間帯で浦和が主導権を握る。いずれもポンテを経由したボールが右サイドの峻希にわたり、峻希のクロスをエジ、サヌが連続得点して勝負あり。バイタルであれだけプレッシャー無い状態でポンテにボール持たせたら、やりたい放題に横浜はポンテにやられた。
 啓太、原口投入。横浜の攻撃をかわす。原口のジコチュウ的なプレーでは、今日の出来の横浜からも点を奪うのは難しいだろう。横浜は若手にはいいプレーがいるのだが、最後のとこの詰めが悪い。どっかのチームと同じ。あれだけ中盤をルーズにしたらいけない。
 結局、今日横国に行った人は勝ち組みだった。大いに反省。

|

« スカパー!観戦 | トップページ | 第32節 横浜FM戦(11/23@日産スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報横浜戦:

« スカパー!観戦 | トップページ | 第32節 横浜FM戦(11/23@日産スタ) »