« 監督交代 | トップページ | ナビスコ決勝戦 »

2010年11月 3日 (水)

きな臭い話

浦和の橋本社長、柱谷GM、フィンケ監督が2日の練習後に、約2時間半に及ぶ異例のトップ会談を行った。普段、通訳を兼任するモラス・コーチではなく、専任の通訳を通しており、関係者は「重要な話し合いだったのでコーチを入れなかった」と説明。今季で契約を満了するフィンケ監督は成績不振と人気低迷により続投は厳しい状況だが、橋本社長は「今季の残り試合をどう戦うかについて話した。来季に関する話し合いではない」と最終決断を下していないことを強調した。
また、マガダイでは「フィンケ続投か、それとも新体制に移行?」ということで、まゆつばではあるが「広島のペドロヴィッチ監督に水面下で打診したとも」、広島のミハイロ・ペドロヴィッチ監督に水面下で打診したという話は、複数の関係者が口にしている。噂の域を出ないのだが、"柱谷GMの監督就任説"も挙がった。
 フィンケの功績としては、カウンター中心だった浦和にパスサッカーを導入したこと、若手の育成ということが挙げられると思うが、持ち込んだ戦法ゆえに夏場に成績急降下ということを2年連続犯してしまったことです。これは、フィンケの今後を考えるうえで大きなマイナス・ポイントになりうると思います。以上考えあわせると、近日中には大きな発表ということもありえるのですかね。

|

« 監督交代 | トップページ | ナビスコ決勝戦 »

コメント

あの社長になってから、どうもダメですね。レッズというチームの魅力がどんどんなくなっていてます。スポンサーは大丈夫ですかね?観客動員数が減る一方だと厳しいことになるかもしれませんね。
ベテランの引退勧告も必要ですが、サポーターは引退することなく昔から現役な訳で、かって中心だった選手は外に出さずに囲っておかないと、今日のような状況になってしまうんだと思います。チーム戦術としてベテランを切り、強くなるのも大切ですが、私は昔のような負けてもついつい応援したくなる選手がいるそんなチーム作りをしてほしいです(意図していた訳ではないと思いますが)。

投稿: さいもん | 2010年11月 3日 (水) 12:53

橋本社長はあれで、アウェーとかで並んでいるとひょこっと現れるですよね。埼スタでも南広場に現れる。憎めない社長さんですよね。ただ、サッカーのことが良くおわかりになっていないのが痛い。

投稿: ホイチョイ | 2010年11月 4日 (木) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きな臭い話:

« 監督交代 | トップページ | ナビスコ決勝戦 »