« 駒場到着 | トップページ | 天皇杯③ 徳島戦(10/11@駒場) »

2010年10月11日 (月)

速報徳島戦

快晴に恵まれた天皇杯3回戦、駒場の芝生の様子は一ヶ月前に比べると随分と良くなった。怪我人、代表召集でメンバー的にも厳しい。選手アップでスタジアム見渡すと、自由席は一杯でメイン側もほぼ一杯で結構観客は入っている。
スタメンは
FWーエジ、高崎
MFー達也、原口、柏木、濱田
DFー平川、坪井、暢久、峻希
GKー山岸
サブは加藤、永田、林、堀之内、啓太、梅崎、矢島。ポンテ欠場、峻希はスタメン、啓太がベンチ復帰。梅崎、矢島がメンバー入り。主審、佐藤隆。
前半、徳島に攻撃のかたちを作られる。津田にボールを当て、サイドからあわやの場面を作られる。なかなか、2ndボールを拾えず苦しい展開。そして、徳島のラフプレーを主審が取らないから、なおさらややこしい事に。
徳島のDFラインが浅いので、その裏をつく動きが必要だが、エジ、高崎がセンターに張り付いているので裏をつけない。柏木から有効な縦パスが入らない。よってドリブルの単騎突破に頼る。原口、柏木へのラフなプレーが流されたあと、イエローを受けた達也が怒りのドリブル突破でPKゲット。エジが決めて先制。
徳島はビルドアップに難あり。守備ブロックを作り、津田を抑えれば効果的な攻めは出来ない。
浦和はカウンターから、柏木→原口で勝負あり。クロスは高崎に微妙に合わなかったが、相手DFに当たりゴールイン、これも攻撃に人数を欠けたからなせるわざ。無駄なドリブルをやめ、パスをつないで行くこと。
  後半、浦和がポゼッションを固めると徳島は攻め手は無し。出だしは目立つていた津田が全く消えてしまう。
 ただ、それに合わせ浦和のパフォーマンスもパワーダウン。林を入れ峻希と二人でSHで起用するが、ゴールへの意識は低くなってしまった。まあ、得点差と試合展開を考えれば決して無理をするところではないのでいたしかたないでしょう。怪我明けの啓太の試運転も出来た。勝って当たり前の試合を2年振りに勝ったことに意義があるということで。

|

« 駒場到着 | トップページ | 天皇杯③ 徳島戦(10/11@駒場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報徳島戦:

« 駒場到着 | トップページ | 天皇杯③ 徳島戦(10/11@駒場) »